IBクルーブログ 日々奮闘するIBクルーの日常をご紹介!

受験
最近、通勤でフィオナアップルを聴くのが日課になっている今日この頃です。


年が明けていよいよ受験シーズン到来、先日もセンター試験のニュースがありました。
中学受験?高校受験?幼稚園・小学校の受験?子供の進路においては様々選択があります。
高校受験であれば本人の意思を尊重できますが、中学受験までは親の選択が重要です。
わが娘に対しては中学受験を選択しました。間もなく入試が始まります。

子供への教育は加熱しているのは周知の事実ですが、
塾に入れれば良いと気軽に考えていると痛い目にあいます。
親のサポートはこの2年間(通常は3年か4年間です)、通塾のお迎えやお弁当の用意、
塾の先生との面談、夏季冬季などの講習会は通常より遠い校舎の送り迎え、
加えて弁当二つ用意、毎月の模試(日曜日や祝日にある)での送り迎い、
正月返上などなどなど、これに加えて小学校の行事参加、兄弟がいれば更に大変です。
(教育熱心な親御さんは二人三脚で勉強を教えることもしているみたいです)
また経済的な負担も大きいので共働きになるとタイムマネージメントは重要でミスができない状況になります。
今は寒い時期なので(昨日は寒波で東京も大雪です)体調管理にも気を使います。
またインフルエンザも流行っているので心配です。


そして、住んでいるエリアも大きく関係してきます。
(小学校の)生徒の大半が受験する学校のエリアは環境が整っているため、
合格率が高かったりするので、受験の為に引越しする家庭もいるみたいです。
また合格後も所謂、有名校に通う子供達は中学高校の6年間を片道1時間半以上かけて
通学する子供達も少なくないみたいです。となれば合格した後は引越しも考える人もいるでしょう。
待機児童と住まいの問題もありますが、受験と住まいも大きな問題と捉えるべきでしょう。


本当に子どもの為になるのでしょうか?と疑問を持ちますが、
受験のシステムや合否もありますが、受験を通じて親が何を教えることが出来るか?
子供が何を感じ学べるか?は今後の人生において振り返った時にしっかりと活かしてほしいと願うばかりです。


| カテゴリ : 営業 M.M |  |
住んでからすごく良かったこと。
近所の児童館のランドセル来館というシステムは、
共働きの夫婦(地方出身の夫婦で東京在住)にとって、とても有難いシステムです。
小学校から家に帰らず、ランドセルを背負って直接児童館に行け18時まで子供を安全に守ってくれます。
児童館にはプレイルーム、音楽室、図工室などの教室があり各教室に1人は担当の職員が見守ってくれています。

そして、7・8月は共働きにとっては恐怖の夏休みがあります。
子供はひとりぼっちで毎日留守番?
これも朝から弁当を持たせて児童館に行かせれば問題を解決してくれます。
もし近くに児童館がなければ......夏休みをどう過ごすか想像ができません。

これらのサービスやシステムなどは住宅を購入前には気にしていなかったのですが、
今の生活には重要な項目の一部になります。

特にファミリーにおいては自分達のライフスタイルと子供の成長に合わせて
今後起こりうる事をしっかりと対応できる街、
日常をより健やかに過ごす為には駅力や駅距離、
その町のイメージだけで住まい選びはできないなとつくづく思います。
| カテゴリ : 営業 M.M |  |
大人と子供

昨日、自宅で7歳の息子がウェルチのグレープジュースをワイングラスにいれて楽しそうに
「ワイン美味しい」などと言いながら飲んでいました。
子供がやりたがる、ありがちな光景ですよね。

先日、社員研修旅行で台湾に行かせて頂きました。
夜の食事会の席で、Aさんが赤ワインをコップになみなみと注いで、
「これはウェルチだ」と豪快に大爆笑しながら3本程手酌であけました。
※本人の都合もありますので名前は伏せさせていただきます。
これは大人がお酒を飲む口実として使うありがちな光景ですね。
因みにBさんは、「ビールは水」だからいくらでも飲めるぞと話していました。


大人のように振る舞いたい子供と子供のようなおどけた事を言いたい大人、
どちらにも共通して言えるのが「とっても楽しそう」でした。

社員研修旅行は下半期の方針発表や台湾の高額マンションの見学などもあり大変有意義な時間でした。
決して「ウェルチ」ばかり飲んでいたわけではないですよ。

 

| カテゴリ : 営業 M.M |  |
女性ヴォーカリスト

ここ数年、ライブに行くアーティストや、購入しているレコードが
女性のヴォーカリストばかりだと先日気づきました。
全く無意識だったので、自身を整理する為にベスト5の順位付けをしてみました。


第5位 カロ・エメラルド
あまり知られていないと思うのでちょっと紹介、オランダのジャズシンガー、
1stアルバムが母国で30週連続1位(スリラーを抜いた記録)という華々しいデビュー。
ブルーノートでPVを見たのがキッカケで、昨年赤坂ブリッツに観に行きましたが
パフォーマンスも非常に良かったです。お薦めです。

第4位 フェイウォン(王菲)
日本では「eyes on me」がヒットしましたが、
やっぱりウォン・カーウァイ監督・クリストファー・ドイル撮影の映画「恋する惑星」(映画も凄く良い!)での
「夢中人」※カバーソングですが最高にいい!
20年前ロサンゼルスチャイタウンでCD(中国海賊版)を購入した事を思い出します。

第3位 ノラ・ジョーンズ
説明不要の歌姫。とにかくニューヨークに行きたくなります。

第2位 エイミー・マン
これも映画絡みですが、大好きな映画監督の一人P・T・アンダーソンの「マグノリア」では多用されています!
映画と音楽のマッチングは3時間の長い映画をも集中させてくれます。
主観的な感想ですが彼女の生声は全く音としての装飾感がなく
自然でその声が曲に乗ると創造を駆り立てられるような歌声として、
耳から脳にそして胸の奥まで響く感覚ですね!分り辛いですね・・・聴きましょう!

第1位 ジャニス・ジョップリン
こちらも説明不要、ロックの女王!私の中では30年間不動のNo1です!



整理して順位づけるとある程度メジャーな人でした・・・
まだまだ好きなヴォーカリスト達は沢山いるので、あんまり順位づけは意味ないなと、
ただジャニスは30年不動だと改めて振り返れました。

 

| カテゴリ : 営業 M.M |  |
心はどこにある
ある日の夜、電気を消し寝静まろうとしていた時に



姉(9才)「そういえばママ、私が小さいとき眼帯してた時なかった?」

母「えっ? あっ、してた!まだ3才ぐらいの時だよ、なんでそんな事覚えているの?」

姉「なんかわからないけど、心にすごく刻まれてるの」

母「心に?!・・・ ねえ心ってどこにあるの?」

姉「うーん 心臓なのかな・・・」

母「心臓ではないね」

弟(5才)「えっ、じゃぁ肝臓?」※弟は人体の図解にはまっている

父 (大爆笑 心は肝臓にあるのか、のんべえの私には金言だ)

姉「全身で受け止めて感じるとことなのかなぁ」

弟「それ脳でしょ!」

父(小笑)



とある日の夜の会話が、この師走の忘年会ラッシュ時によく思い出します。
そう「心は肝臓にある、名言だ!」
今宵も大阪で忘年会なので、しっかり心で受け止めてこよう!

 

| カテゴリ : 営業 M.M |  |
「レジェンド」

娘の親友がニューヨークへ2年間転校するので成田まで見送り号泣していた、という話を聞いて、なんだか「ニューヨーク」が心に引っ掛かり、ヘレンメリルのレコードを無性に聴きたくなった。至高の名作ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン(1955年)に針をおろして、何気なく一体今は何しているだろうと検索していたら「生涯現役」を貫き、今週東京表参道ブルーノートでライブを開催!彼女は1930年生まれ御年84、5歳のはず・・・  ニホンニクル???


土曜の夜ということもあり、超満員。20代の若いカップルから中年男性一人、50代の女性グループ、60歳超のシニアそして外国の方々と幅広い客層。
どんなライブになるのだろうと期待が膨らむ一方、84歳という高齢で不安もあったが一掃した。

金髪に真っ赤な口紅、首もとはキラキラと輝くジュエリー、そして真っ黒なドレスを身にまとい「若いイケメン男性」にエスコートされ登場!84歳のレジェンドの登場に流石に感動し、涙がでた。
そして「Born to Be Blue」を熱唱。登場の際は多少腰も曲がって歩く速度もゆっくりとしていたが、マイクを握るとハスキーな歌声、まさに「ニューヨークのため息」年齢を感じさせず魅了された。途中、マイルスデイビスの曲なども挟み、「You'd Be So Nice To Come Home To」では最高潮に盛り上がり、アンコール「'S Wonderful」までも!もはやニューヨークに滞在している気分だった。

84歳にも関わらず、このステージの為にどれだけ日常生活に気を付け、トレーニング、リハーサルをしてきたのかを想像すると気が引き締められます。とても素晴らしいライブでしたが「生き方」と「生きる力」も同時に学びエネルギーをもらった夜でした。

 

SPECIAL THANKS  P生命株式会社 K様 & 故S.K様

 

| カテゴリ : 営業 M.M |  |
「本当に一流なら素人が見ても凄いとわかる」

Mです。

この時期は寂しいかな「引退」の報道を良く聞きます。

今日もフィギアスケートの高橋大輔選手の報道がありました。野球会ではマー君所属のニューヨークヤンキースのデレク・ジータ選手は本当に寂しい限りです。イチロー選手はもっともっと先になることでしょう。

 

娘がバレエを4歳から習い始め5年になりますが、その影響で私もバレエ鑑賞歴が5年になりました。私が一番「凄い」と感じていたバレエダンサーのシルヴィ・ギエム氏が2015年12月をもって「引退」宣言しました。やはりこちらも寂しいです。


しかし何が「凄い」と感じたのか?


キャリアとか100年に1度のダンサーとか彼女に対する賛辞は色々なところで止まりませんが、
その瞬間が訪れたのは5年前、私が娘の為にとバレエの勉強?!を必死にしていた時に彼女の「ボレロ」を映像で見たときです。
※「シルヴィ・ギエム ボレロ」で検索すればYOU TUBEで見ることはできます。

 

そして彼女の有名な「本当に一流なら素人が見ても凄いとわかる」という発言がリンクして(彼女について私ごときが御託を並べるわけにはいきません)私みたいな素人でも凄いとわかったのです!100年に1度といわれるのもわかったのです!先日、娘にも予備知識ゼロで見せました。娘はバレエを5年続けていますが、まだ小学校3年生です。芸術なんてわかりませんが、あの「凄い人」の名前何だっけ?と聞いて来たり「一度見てみたい」と言って来たり

 

本当に素人にもわかるのです!

 

その彼女が引退するのは寂しいですが、新日派なので必ず日本にも引退公演を行うと思いますので、その公演を見に行くことが今から楽しみです。

 

お時間ある方は、是非YOU TUBEで見てみてください。素人にもわかります。


 

| カテゴリ : 営業 M.M |  |
「金魚ちゃん」

ある日、妻が3歳の息子と公園に遊びに行った後、

商店街の金魚屋さんに立ち寄り、

二人で金魚を眺めていたら、

非常に身なりの良いマダムに声をかけられたそうです。

 

マダム「お宅、金魚好き?」


妻「えっ・・・!? まぁ・・・」


マダム「家の金魚貰ってくれない?すぐそこだから!」

 

悪い人ではなさそうだったらしく、そのまま2-3分歩いてついていくと大きな屋敷に着き、

その屋敷には足場が組みたてられており、屋敷の門をくぐると

 

マダム「あの池の中にいるの、家を建て替えるから、

金魚ちゃん達をどうしようかと困っていて、本当に助かるわ」

 

結局、頂いた金魚は全部で6匹、1匹が赤で5匹が黒。

とても立派な金魚で、1匹3000円程度で、全部で18000円。

その種類は「運気を上げる」ことで中国では非常に人気らしく、

また数も6匹は非常に良い運気パワーをもたらしてくれ、

赤が1匹という組み合わせは、これまた運気パワーをもたらせてくれるらしいです。
※妻調べ「インターネットより」

 

やはりお金持ちのこだわりは凄い!

しかし、我が家としては水槽だの水草だの購入をし、大きな出費になりました・・・

これから思う存分、金魚ちゃん達に運気パワーを発揮してもらうしかないです!


 M

| カテゴリ : 営業 M.M |  |
マイケルジャクソンときゃりーぱみゅぱみゅを仮面ライダーでフライングゲット
タイトルの共通点は、3歳の息子が好きなものです。

YOU KNOW IT'S THRILLER」と叫び出したと思えば
「はたちーはたちーはたちーはたちー」と連呼し、
仮面ライダーのベルトを腰に巻きつけ、最後の締めでは
フライングゲットと振り付けします。
自由です。
家の中だけではありません、どこでもやります。
路上でも、スーパーでも、電車の中でも、母親のPTAの会議中でも・・・

もう少し詳しく描写するとスリラーは突然叫びますが、
とにかく唇を尖らせ「キレ」の良さを意識しているみたいです。
きゃりーぱみゅぱみゅは恥ずかしそうに連呼し、最後に照れ笑いします。
(かなり好きみたいです。タイプらしいです。)
仮面ライダーのベルトは寝る時もするくらいの宝物です。
フライングゲットはいかにも子供らしくふざけています。
つまり本物ではなくて物まね芸人のほうのパターンです。


ただ本人にはこだわりがあるようで、
とにかく「音」が好きそして「音楽」が好きなようです。
(実はレパートリーはまだまだ沢山あります。
クラシックから全米の最新ヒットチャートなんかもあります)

今は大きくなったら何なるの?って聞くと「ピアニスト」と言います!!!!!

一体だれが教えたのか・・・

子供のたわごとなんですが、私のテンションが高くなり
早速ピアノを習わせ始めてしまいました。


どんな事がきっかけでも親としては将来楽しみな事ができました。
そう思うと私自身もまだまだ苦難が沢山あると思いますが、
必至で仕事を頑張ろうと思う日々です。







| カテゴリ : 営業 M.M |  |
私とお酒の付き合い

20代前半・・・1杯飲むなら10杯飲め!
→とことん飲みました。10杯×10回を3日間(朝・昼・晩+1回)で達成する記録をつくりました。

 

20代後半・・・酒の一滴は血の一滴!
→前半で量を飲んだ為、美味しさがわかるようになり、自分の中で大切なものに位置付けました。

 

30代前半・・・酒は詩を釣る針
→飲むと結構面白いアイデアがでて仕事に活かしました。

 

30代後半・・・酒は百薬の長
→これだけ飲んでも全く体が壊れなかったのでポジティブに捉えました。



しかし・・・
やはり健康診断でお酒にかかわる数値が悪くなり
週5回の休肝日を余儀なくすることになるが・・・



40代前半(現在)・・・一杯目は健康のため、二杯目は喜び、三杯目は心地よさ、四杯目は愚かさのため
→言い聞かせながらも愚かな自分・・・



健康第一主義への転換が迫ってきています。Mでした。

| カテゴリ : 営業 M.M |  |