IBクルーブログ 日々奮闘するIBクルーの日常をご紹介!

伝え方

ここ数日寒さが増し、本格的な冬の訪れを感じるこの頃。

師走もすぐそこ、気付いたら年末です。

 

 

さて先日、娘の習い事のお手伝いをさせて頂く機会がございました。

私自身、幼稚園から中学卒業まで続けた習い事です。

 

今回の私の役割は、低学年クラスのアシスタントでした。

 

先生の教え方を聞きながら、感じた事...

それは、伝え方が非常に分かりやすく明確だ。という事でした。

 

指導の中で『どう動くかではなく、何処を使って動かすか」表面的な動きの真似ではなく、

具体的に体のどこの筋肉を使うのか、体に触れ、どう使って動くかを

低学年に分かる表現で簡潔にお話しされていました。

 

私の現役当時、そのような明確な指導というよりは、抽象的な表現が多く、

まずは見て学び、後は努力と根性!と言った、スポ根スタイルが主流だったように思います。

当時はビデオで先生や、海外ダンサーの公演を何度も見返し、どうすればもう一回転回れるのか

どこを動かせば、あのしなやかな手の動きが出来るのか、日々研究をしていました。

 

そんな昔を振り返りながらレッスンに参加していて、「物事の伝え方」について考えさせられました。

 

何を伝えたいか明確に、情報を増やしすぎず、相手の理解度を意識しながらお話しをする。

常々頭にある事ですが、今回レッスンに入らせて頂けた事で、すっと腑に落ちました。

 

近頃は新規PJ立ち上げに伴い、お打ち合わせの機会が増えて参りました。

伝える際は心がけて臨むよう、改めて気付いた学びの多いレッスンでした。

 

余談ですが...運動不足のせいか、レッスン終わりは生まれたての子鹿のように脚がガクガク震え、

階段を降りるのに大変苦労致しました。


来年の目標の1つに、日々の運動を掲げようと思います。

| カテゴリ : 営業A.Y |  |
新しい学び

こんにちは、どこも紅葉がきれいな季節となりました。

早いもので11月も後半、あっという間に2022年が終わってしまいそうです。

 

このコロナ禍になってもう3年が終わろうとしていますが、自宅時間が増えてできた趣味があります。

それは、韓国ドラマ。このコロナ禍で見始めたという人も多いそうです。

子供たちが寝た後でハイボールを飲みながらドラマ鑑賞するのが至福の時間です。

 

その中で特に好きな俳優さんがいるのですが、いつかライブに行ったりした時に

言葉を理解できるようになりたい、願わくは話せるようになりたい

(推し俳優さんと話せる機会なんてそうそうないですが・・笑)

と韓国語を少しずつ勉強し始めました。

勉強してみると文法や表現が日本語と似ていたり、文化の違いを知ったりとても興味深いです。

 

例えば、日本では社内電話で上席が不在の時、「ただいま、山田は外出しております。」などと

自分の上席でも名字だけで電話の相手に話しますが、

韓国では「ただいま、山田社長様は外出されております。」みたいな言い方をします。

なんだか日本人からすると変な言い方ですよね。

 

今年の夏、ハングル検定5級を取得できたので来年の夏は4級取得目指して推し事の一環として

頑張りたいと思います。

 

日々の不動産広告のお仕事でも、ここ最近初めてのケースや案件をたくさん経験させていただいています。

わからないことも多く、その都度壁にぶちあたっておりますが、いろいろな経験や知識が広がることは

自分の世界が広がっていくようでとても幸せなことだなぁと感じています。

これからも一歩一歩前進して早く一人前になれるよう頑張っていきたいと思います。

| カテゴリ : 営業A.M |  |
柔軟な考え方

お世話になっております。

営業のIです。

 

最近、インターネット配信アプリで麻雀番組を視聴する事にはまっております。

ただの麻雀でなく、一風変わった競技方法で、色々なドラマ/名シーンが生まれるので、

麻雀を知らない方にも是非見ていただきたいです。

 

麻雀は一般的に個人戦が多いのですが、僕が見ている麻雀番組は、

8チームに分かれ、リーグ戦形式で行う麻雀番組なのです。

 

最近はSNS上では毎試合トレンドになることが多い程、注目度が高いです。

先日視聴していた際には、

なんとリアルタイムで約150万人の方が視聴していました。

実際に平日にも関わらず、パブリックビューイングもよく行われています。

 

 

チーム戦なので、個人の責任でなく自分の負けがチームの負けにつながってしまい、

普段なら無茶をしていた場面で無茶をしなかったりなど、色々な駆け引きやドラマを見る事が出来ます。

 

また、ファンが増えやすいシステムが随所にあります。

・チーム編成でも必ず女性1人を入れる

・試合終わりの楽屋の様子もSNSで配信されたりする

・各選手、チームがSNSを積極的に利用している

・試合終わりに「〇ou tube」で個人選手の感想戦配信が行われる

等々、選手の裏の顔を知りたいファン心理をつかむ工夫が随所にあるのです。

各チームのグッズ等も販売されており、チームを応援するシステムも人気の理由かもしれません。

 

水曜日以外の平日19時より中継があるので、

もしお時間が合う方はぜひ一度拝見してみてください。

試合後にハイライト映像もUPされていることが多いので、

時間が合わない方はそちらもぜひ。

 

 

個人戦の競技をチーム戦の競技へと180度変える、

そのような思い切った柔軟な考え方を、普段から持てるようになれればと思いました。

| カテゴリ : 営業T.I |  |
購入者インタビュー

最近、住宅購入者のインタビューをする機会が多く、

今期でいうと、これまで12家族分の取材を行いました。

 

シングルの方、DINKS夫婦、奥様が妊娠中のご夫婦、

乳幼児の子育てに奮闘する共働きの若いご夫婦、

育ち盛りのお子様2人がいる4人家族、シニアご夫婦と様々。

マンションと戸建て、都心と郊外と、状況も様々です。

 

この購入者インタビューですが、広告の企画者としては、

本当に有意義な機会をいただいていると思っています。

何故ならば、広告の「回答」が聞ける機会だからです。

 

私どもは住宅の広告会社として、商品メリットを分析し、

市場内のターゲット属性やニーズ、購入モチベーションを想定して、

伝わる表現や言葉を吟味し広告版面に反映しています。

 

その想像上のユーザーだった家族に直接会えるうえに、

ユーザーマインドを想像しながら考えた広告表現に関して、

直接「回答」が聞けるという・・・もうこれご褒美ですね。

考えた結果を回収できて、仕事がすっきり締まります。

さらには、他の提案に活かせる資産となります。

 

当然ながら土日の実施が多く、休日出勤となりますが、

今後も機会をいただける限り、行っていきたいですね。

| カテゴリ : 営業 T.H |  |
W杯2022を100倍楽しむ方法 ー辛いと思うかラッキーと思うかー

東京オリンピックが終わり早一年以上が経ちましたね。

早いものであっという間に時が流れ、

来月11月末からは、4年に一度の祭典サッカーW杯2022が開催です。

今大会は、2002年日韓W杯以来、20年ぶりのアジア圏カタール開催です。

振り返ると20年という歳月も早いものだと感じさせてくれます。

 

この先、十数年アジア圏での開催が難しいだろなと思うと、

今回の日本代表は苦戦しながらW杯予選を何とか突破し、

この祭典に参加できるという喜びを思う存分楽しみたいなと思います。

 

そこでサッカーW杯を楽しむための方法をちょいと私なりに提案。

 

まずは基本情報としてですが、

日本代表の目標は予選突破をし、ベスト8まで到達するです。

この目標は過去の最高成績がベスト16だからで

未だ見たことない景色を見るためです。

 

ベスト8までの道のりは、

まず4か国で戦うグループリーグを突破し、

決勝トーナメントの一回戦を勝てばベスト8です。

簡単に言うと、34回勝てばベスト8なのです笑

こう見ると簡単に感じますが、

それまでに本大会に出場するまでが大変。

 

このW杯本大会を目指して戦う国は215ヵ国。

本大会に出場できる国は32ヵ国だけです。

この時点で世界の15%にしか与えられない狭きものです。

 

他のスポーツの祭典と比較すると、

東京オリンピックに参加した国は205ヵ国。

冬季オリンピックは91ヵ国。

その他、人気メジャースポーツの野球のワールドカップや、

コロナ前に大盛り上がりしたラグビーW杯は、

大人気であるが参加国は大幅に少ないですよね。

 

経済効果もサッカー単一のスポーツでありながらカタール大会では3兆とも。

視聴数、視聴人口もケタ違いで、前回のロシア大会は35億人が視聴したとされています。 

如何にサッカーW杯が世界各国で注目されて、関わる人が多いのかがわかりますね。

世界中の多くの人が注目する祭典であると理解して

観戦するだけでも、少しは楽しめるのではないでしょうか。

 

 

そして、

日本のグループは優勝候補が2ヵ国イン。

スペイン、ドイツ。はい、日本代表より強い。

予選突破は4ヵ国中、2ヵ国だけ。

世界中から見るこのグループは、

スペイン、ドイツのグループリーグ突破が妥当。

妥当というか、当たり前との見解。

 

世界中で視聴する〇億人にこのグループ予選突破は?

と質問すればほぼ100%に近い人が、スペイン、ドイツと答えるでしょう。

 

というか、

どこが突破するでしょう?という問いより

スペインとドイツのどちらが1位突破し、

どちらが2位突破するかが議論の対象となりますね。

仕方ないです。スペインとドイツは

W杯優勝経験国、優勝候補常連国ですから。

 

そこで日本人のW杯を見る楽しみ方の提案は、

初戦から決勝トーナメントと思って観戦すると良いかなと。

負けたら終わりのノックアウト式と思ってね。

 

初戦はドイツです。

決勝トーナメントであれば、

初戦から優勝候補と対戦する事は普通です。

 

そして、初戦のドイツに勝てば

目標のベスト8に到達したと思えば面白い。

 

2戦目は日本人が初めてベスト8のピッチに立ち

その景色で戦っていると思い観戦する。

そして勝てば、目標を大幅にクリアするベスト4です!

 

3戦目は、優勝候補筆頭のスペインです。

ベスト4でスペインと対戦する日本代表。

想像するだけでよだれ出ますよ。

 

というように、

グループステージをノックアウト式トーナメントとして観る!が

W杯を楽しむ為の提案です。

 

こんなグループ分けになったおかげで、

楽しみ方を考えさせていただきましたよ笑

 

結果的に、グループステージで敗退しても、

仕方がないと思えるのではないかなと。悔しさを半減させられるかなと。

 

 

でもしかし、

ここまで日本代表はグループリーグ敗退濃厚

として話しを進めていますが、サッカーは何が起こるか分かりません。

可能性は0ではないということです。

 

で、可能性は低いですが予選を突破できたら、

それはそれで本当の決勝トーナメントが始まると、

頭を切り替えて応援すれば良いのです!

 

仕事にしても、プライベートにしても、全てを人生をポジティブに!

| カテゴリ : 営業 R.K |  |
3年目社員のつぶやき


寒さが厳しくなってきました。いかがお過ごしでしょうか。

気温が急に下がったので、慌てて衣替えをしました。

 

冬のコーディネートで欠かせないものといえば「ヒートテック」。

もはや冬の定番となりましたね。

皆様も1度は袖を通されたことがあるのではないでしょうか。

 

寒さが厳しくなってきました。いかがお過ごしでしょうか。

気温が急に下がったので、慌てて衣替えをしました。

 

冬のコーディネートで欠かせないものといえば「ヒートテック」。

もはや冬の定番となりましたね。

皆様も1度は袖を通されたことがあるのではないでしょうか。

 

こちらの商品、年々バリエーションが増え、今ではなんと全98型もラインナップがあるそうです。

メンズ、レディース、キッズ、老若男女が着れるサイズ展開。

シーンに合わせた保温性能のバリエーション。

インナーからアウター、ソックス、さらには寝具などのグッズ販売。

 

あらゆる「ニーズに応えた」結果の賜物なのでしょう。

「こんなのが欲しい」「こういう不満がある」といった現場の声を聞く。

ユーザー目線で体感してみる。

 

それを踏まえて、

商品を企画する、

痒い所に手が届くような提案をする。

 

私がこの会社で叶えたいことも同じだと、改めて気づかされました。

あらゆるニーズ・課題に応えるべく、ヒートテックばりの提案数でお待ちしておりますので是非お声がけください。

 

ちなみにヒートテックは毛布がおすすめですので、是非。

| カテゴリ : 営業 K.T |  |
旋律を奏でて

鈴虫の音色とミスマッチな季節外れの暑さは何処へやら...

すっかり肌寒くなり、金木犀がどこからともなく香る季節になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

現在、名古屋本社には来期入社を控えた学生がインターンに来ております。

もう一回り以上も違うことにまず衝撃...

 

デスクが隣ですが、日々新しい人・物・コトに触れてスポンジの如く吸収していく姿は、

見ていて羨ましい限りです。

 

アラフォーの私も負けていられないわ!

何か刺激が欲しい!

と思い自宅のホコリを被ったピアノを手入れし、久しぶりに触れてみました。

 

独学で4歳ころから30歳くらいまで毎日のように弾いていました。

ジャンルはバラバラ、いいなと思った曲を音源からコピー、アレンジして弾くのが好きです。

 

Back numberの「ヒロイン」

冬に向かうこれからにぴったりです

 

♪サザン「希望の轍」

同郷のサザン、身近に楽曲がありました

 

♪ライオンキングの「Can You Feel the Love Tonight

劇中でティモンとプンヴァが謳う「どうにかなるさ、くよくよするな」もいいですね

 

♪娘に弾く「ジブリシリーズ」や「ぼよよん行進曲」

いつか連弾したいなぁ...

 

♪ショパン「別れの曲」

101回目のプロポーズ、猫背でピアノを奏でる武田鉄矢を幼心に覚えています

 

X JAPANの「Endless Rain

淀みを透き通らせる様なコード進行が神がかっています

 

♪洋楽ならBruno MarsJust the Way You Are

こんなこと言われてみたいです///

 

♪ファレル・ウィリアムス「Happy

調子のいい時は運転中、口ずさみます

 

♪ビートルズの「Let it be

セブンスターが上着のぽっけから覗く白髪混じりの、小学生から見ても渋い恩師が体育館の

グランドピアノで弾いてくれた光景を鮮明に思い出します

 

 

その音色は聴いていた"あの頃"にまるでタイムマシンのように連れていってくれますね。

時間を忘れて弾き倒しました。

 

 脳科学の研究によると、ピアノは子どもから高齢者まで脳の健康的な発達と維持に大変効果があるとのこと。

 

 

■楽譜を見る=後頭葉視覚野

■たくわえる=作業記憶=側頭頭頂部+前頭前野

■弾こうとする=実行機能=前頭前野

■弾く=空間認知(鍵盤の位置・距離)=頭頂葉背側経路

    巧綴運動(体の各所への指令)=前頭葉運動野

■聴く=視覚野

■音の理解・処理=言語野

 

 

旋律を奏でることでこれだけ多くの脳の領域が同時に活性化され、 "脳のジョギング"とも言えるのです。

 

 

こうした趣味も、お仕事とリンクさせて、

若者に負けない "考える" "ひらめく" 柔軟な頭と感性でいられたらと思います。

 

 

以上営業のKでした。

| カテゴリ : 営業Y.K |  |
白夜月

中秋の名月も過ぎ、朝夕は過ごしやすい気温となってまいりました。

銀杏の実は早くも色づき、見た目とは裏腹に鼻を突く香りに、秋の訪れを感じる今日この頃、

皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

   私は、贔屓の球団が2年連続リーグ優勝をしてくれたおかげもあり、心地良い毎日を過ごしております。

 

 さて話は変わりまして、先日お昼過ぎ頃にベランダで洗濯物を取り込んでいると、風が雲を払った後の

 澄んだ青空に、乳白色に溶ける昼間の月が見えました。

 月は、左側に向かって空の青色に混ざっており、また方角的には東の空におりました。

 私の知っている昼間の月は午前中が多く、午後にある事は稀でしたので、少し驚き、また午後にも

 そのように月が見えるものなのかと不思議になりましたので、少し調べてみる事にしました。

 どうやら昼間の月が見える時刻は、月の満ち欠けに関係があるようでした。


私が見た月は上弦の月のようで、確かに、102日に目にしている事もその月が生まれたてである事と

一致しますし、日没と同時に真南に現れる上弦の月はその前の時刻、正午過ぎから日没までにかけては

東?南東に見えている事になりますので、辻妻が合うというものです。

月は新月を除いて昼間ですら、気が付かないうちに空に上がっているのだと気が付かされた所でございました。

 

 昨今、空を見上げる事が少なくなってまいりました。屋外で体を動かす事もなければ、休日は友人の顔や

 液晶画面を見て過ごし、はたまた道を歩いている時でさえ、視線は手元のスマートフォンに落ちています。

 人は時代が進むたび、だんだんと高いビルを建て、住む場所ですら高層マンションのような

 空に近くなっていくのにも関わらず下を向く事が増えたように感じます。

 これを機会にたまには上を向いてみようと思う今日この頃でございました。

 

 だんだんと日没が早くなり、肌寒さと共に秋の夜長を感じる季節になりますが、お体ご自愛ください。

 

|  |  |
「今日の給食」に思いを馳せる
こんにちは。管理本部NKです。
度重なる台風で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
これ以上の被害がないことを祈ります。
季節の変わり目ですので、体調の変化に留意してお過ごしください。


さて、数年前からLINEで在住している市の情報を受け取っています。
その中に「今日の給食」というコンテンツがありたまに見るのですが
これが意外とおもしろい。

わかめごはん(まだあるんだぁ・・・大好きでした)
ソフトめん(ミートソースバージョンが一番好き)
ミルメーク(牛乳に入れるココア味の魔法パウダー、テンション上がりました!)
アジフライ(どうしても食べられなくて泣きました)

今は毎日何かしらのデザートかおやつがあるんですね。
私は年に数回のデザートの日がうれしかったことを思い出します。
今も黙食が続いているのでしょうか。
わいわいきゃーきゃーしながら楽しい時間が戻ることを祈るばかりです。


各市町村からは、暮らしに関するあらゆる情報が日々配信されています。
弊社も地域の特性をとらえ、住宅・不動産企業様とそこに住まう方々をつなぐ
役割をこれからも果たしてまいります。

ちなみに本日9/27の献立は
里芋コロッケ・ゴーヤ入り野菜炒め・なすのみそ汁・アーモンド入り小魚・ごはん  です♪


| カテゴリ : 管理本部 N.K |  |
インスタグラマーさんとのお仕事

最近、住宅不動産の広告もYouTubeLINE広告、SNS媒体を活用したものを多く見かけます。

私自身も、先日、インスタグラマーの方にお仕事を依頼する機会がございました。

 

その方は現在ZIP FMのパーソナリティをされている方なのですが、

以前は歌手としても活動されており、幅広い年齢層のファンをお持ちです。

私が担当させていただいている物件の立地周辺との縁が深く、

また物件の魅力をお伝えしたいお客様層のイメージと合致しておりました為

この方にお仕事をご依頼することとなりました。

 

インスタグラマー、インフルエンサーと呼ばれる方々に対しては、

お写真に映える各設えなどへの美意識が非常に高く、また各業界でキャリアをお持ちの方が多いため、

こうしたお仕事の際の制限・制約、対応可能範囲がある程度限定しているものと思っておりました。

そのため、物件の魅力を発信いただく上で、ご依頼する内容によってはそのまま発信いただくことが難しい

こともあるだろうと想定しておりましたが、今回ご依頼した方は、全くそのようなことはありませんでした。

 

むしろ、こちらのご依頼に対して、とても積極的に物件の魅力や伝えるべきポイントは何か、

各写真や動画が持つべき意味などを考えていただけて、

より反響を得られるような構成・内容を私たちと同じスタンスで考えてくださいました。

 

また写真の撮り方・動画の取り方、ご自身の映り方など、

ご自身・魅せるべきモノ、それぞれをどう映せばより魅力的に伝えられるかという点について、

とても詳しくていらっしゃいました。

全てインスタグラマーの方のスマホでの撮影をさせていただきましたが、私たちが通常カメラで

撮影させていただく内容とは、また違ったポイントがありました。

 

 

ご投稿いただいた結果、

SNSを介した反響数が大きく増加し、そこからのご来場にも繋がっており、

今までご反響いただけなかった層のお客様の呼び込みに少しずつ繋がっています。

 

 

インスタグラマー、インフルエンサーという方々がその発信力を武器にお仕事をされていることを

理解した上でご依頼したお仕事でしたが、

予想していた以上に協力的な対応をいただけたこと

またその効果が得られたこと

その発信力と「それが誰から発信された情報なのか」ということが

とても大きな意味を持つのだということを、私自身が改めて実感致しました。

 

「誰から・どんな方から発信された情報なのか」ということが付加価値となる広告手法だからこそ、

どんな方に依頼すべきかについてはとても重要なポイントだと思います。

住宅不動産に於けるインスタグラマー、インフルエンサーを通じた告知についてご興味をお持ちのお客様は

どうぞ弊社へお問い合わせくださいませ!

| カテゴリ : 営業 E.S |  |