IBクルーブログ 日々奮闘するIBクルーの日常をご紹介!

Jリーグ再開で想うこと
日本にプロスポーツが戻ってきました。
プロ野球が6月から開幕し、先週末からはサッカーのJ1リーグが再開しました。
やっぱり生活にスポーツが無いとどこか物足りなく、心が躍ることも少ない
毎日を過ごしていた自分にとっては重要な出来事です。

今はTVですが、サッカー観戦しながら飲むビールは格別に旨いです。
今年は娘と一緒にガンバの試合を見に行こうと言っていた矢先の自粛だったので、
再開されて新しい楽しみができました。

さて、私たちの本分である住宅事情も、コロナ禍の営業自粛が徐々に解除されてきました。
デベロッパー、ハウスメーカー各社様にいろいろとお話を伺うと、実需の物件は
コロナ前と変わらず一定のお客様が購入されているようです。

在宅勤務で自宅にいることが長かったせいか、ご家族で住まいや将来について
真剣に考える方が増えたとおっしゃっていました。
世の中ではコロナの第2波が懸念されていますが、住宅を真剣に検討し、購入される方の
お役に少しでも立ちたいと改めて思います。

そして息抜きにガンバの試合を子どもと見に行き、少しずついつもの生活を取り戻します。
個人的にはVS横浜FC戦に照準を合わせます。
ガンバを応援しつつ、キングカズも生でみたい。ちょっと欲張りですね。
| カテゴリ : 営業 T.N |  |
新しい生活スタイル
緊急事態宣言が解除され、早いもので1ヶ月が過ぎましたね。
梅雨明けが待ち通しい今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

我が家は保育園、小学校はやっと先週本格的に再開し、私たちも在宅勤務が明け
ようやく通常の生活に戻ってきました。

コロナによりマスクの着用、買い物、ソーシャルディスタンスなど新しい生活様式の中でスタートし、
少しずつ定着しつつあります。

娘の小学校でも同じく、新しい授業スタイルを取り入れているようです。
これまでは大きな声で挨拶、合唱しましょう!と指導されてきましたが、
挨拶は手話を用いて、合唱はひそひそ声で。
1日も早く大きな声で挨拶、合唱ができるのを祈るばかりです!!

日常生活において今までの常識と異なる生活スタイルに少しずつ慣れていかなければらなりませんね。

新しい生活様式により、
生活スタイルが変化し、
住まい選びの基準も変わってくることでしょう。
私たちも生活スタイルの変化に合った住まいの広告のご提案をしていきたいと思います。
| カテゴリ : 営業 T.K |  |
「町を盛り上げよう」
現在私が住んでいる町の商店街の皆様とコラボした
「町を盛り上げる企画」を実施させていただくことになりました。

新型コロナウイルスの影響で元気がなくなった町が活気づき、
私が担当しているマンションのことを多くの方に知ってもらうきっかけになればと思い企画いたしました。

内容は、商店街で使うことができるクーポン付きうちわを制作し、商店街や近隣の駅で配布する
というものになります。
町のマスコットキャラクターも使わせてもらうことができ、より一層町との一体感を作ることができると思います。

今回の企画は商店街の皆様や事業主様にもメリットがあり、非常に喜んでいただける企画となっていますので、
今から実施するのが楽しみです。

企画段階では商店街の方から良い返事がもらえるか不安もありましたが、とても良いお返事をいただき
ほっとしました。
今後も協力して色々やらせてもらえることにもなり、自分自身にもメリットがあったと思います。

地元エリアに行うプロモーション活動は弊社の強みです。今回のように担当している物件のメリット
だけではなく、町にもメリットがある企画を考えていきます。
そして地元エリアのプロモーション強化を図り、皆様に貢献できればと思います。

| カテゴリ : 営業S.M |  |
大阪で半年
昨年11月に東京から大阪に異動となり、

大阪で暮らして半年が過ぎました。

南森町という駅が最寄のエリアに居を構えましたが、

全国でも指折りの天神橋筋商店街があり、並木通りの緑があり、

オフィス街でもあり、住居エリアでもあり、洗練さと賑わいと

穏やかさが同居したとても良い街だと思いました。


さらには大川という潤いゾーンにも近く、

朝の散歩にちょうどよいです。会社へも歩いて程よい距離にあり、

色々な要素が良いバランスの環境で日々過ごしています。


不動産広告の仕事をしているので、行く先々の土地の空気を

感じて、調べて、形にすることが基本業務となりますが、

自分が住む街をはじめ、この半年で担当した新しい街で、

そこに暮らす生活者の息づかいを覚えている最中です。

やっぱり新しい都市、新しい街というのはワクワクしますね。


大阪・関西も覚えれば、インターブレインズでまだ数人しか

達成していない「東・名・阪コンプリートマスター」となるので

(そんな称号も制度もありませんが(笑))頑張りたいと思います。
| カテゴリ : 営業 T.H |  |
「心を整える。」
いよいよ夏本番前という気温になってきました。

私は夏といえば、ここ最近プールへ行き身体を動かしていました。
自宅近くの小学校が、年中解放した温水プールがあり、
休日と、たまの平日で運動をしていましたが、今年は厳しいですね。


ということを考えていた時に思い出した、
過去に行ったプールで最高にリラックスできた場所をご紹介します。

場所は横濱の「元町公園プール」。
ここへ行った目的は、地元横濱山手の方が訪れるプールであるため
地元の方がどのような方なのか観察したいなと思っていきました。
結果、ハイソな方の集合帯でイメージ通り。

このようなイメージを持って元町公園プールへ行ったので、
私はそもそもプールには一切入らないと決め、本を持参し、
木漏れ日と風が通る、想像以上に快適な空間で一日を過ごした
良い体験を思い出しました。

目的は観察でしたが、私的にはリラックス。

持参した本の中の一冊に、
サッカー元日本代表で同い年の長谷部誠選手著者の「心を整える。」でした。

これ以上ない空間で心を整えることができたと、
数年前のことですが、かなり印象的で心に残っています。

地元を知り尽くすという仕事の一環でしたが、
自分の心も満たされる最高の仕事ができたなと。
これぞ仕事を楽しむということかもしれませんね。
このように仕事をリラックスするためのツールとして
スマートに仕事する人になりたいし、提案に活かしたいと思います。
| カテゴリ : 営業 R.K |  |
「お力添え」の違和感
こんにちは。インターブレインズのNKです。
ようやく緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ元通りとはいかないですね。
新型コロナウイルスの感染被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。


さて、新人研修でビジネスマナーを担当することがありますので、
尊敬語・丁寧語・謙譲語の使いには敏感になっています。

そこで、特に最近とても気になるのが、「お力添え」という言葉の使い方です。
『御社の課題解決に向けて、お力添えさせていただきます。』
ん・・・? 
なんだか、ぞわぞわします。


僭越ながら解説しますと、
「お力添え」は、確かに、『手助け』とか『援助』という意味ですが
相手に助けてもらった場合に使うのが正しい使い方で、
自分の行いについて使う言葉ではありません。
ちなみに、手伝いたい、力になりたいと伝えたいのであれば、
「お役に立ちたい」「お力になりたい」「尽力します」などが適当だと思います。



かく言う私も、日々の生活の中でつい雑な言葉を使ってしまうので反省です。
いまさらながら日本語は難しいですが、奥深く奥ゆかしく美しく、
また、きれいな日本語を正しく使う人もまた美しいと思います。
そんな人に近づけよう、日々丁寧な生活を心がけたいと思います。

| カテゴリ : 管理本部 N.K |  |
新入社員のつぶやき
皆さん初めまして。
本年度より入社しました、営業のK.Tと申します。
どうぞよろしくお願い致します。


さて、皆さんはコロナウイルスの影響でどのように生活が変化されましたでしょうか。
私はインドアに拍車がかかり、映画の視聴時間がグングンと伸びています。
建物に携わるようになったせいか、映画を観ている時でも建物に注目してしまうことが増えました。
ハリウッド映画に出てくるニューヨークの街には、それはそれは大層なビルがところ狭しと並んでいます。
が、それら1つ1つに特徴があり、作り手の想いがあります。
広告を作るうえで、このようなことに気づく感性を養っていきたいなぁと
ハリウッドスターを観ながら思うのでした。

映画を語りだすと止まらなくなりそうですので、このあたりで筆を置かせて頂きます。
皆様くれぐれも体調にはお気を付けください。
| カテゴリ : 営業 K.T |  |
海外道中膝栗毛
お世話になっております。
首都圏本部営業部のY.Iでございます。

間がコロナ禍の中、外出自粛が促されどこにもいくことが無くGWが過ぎ去りました。
本来であればGW期間中、弟の留学先であるカナダバンクーバーへ行く予定でした。
非常に残念です。


そこで今回は私が今までに行った海外とそこでの出来事を紹介させていただきます。

1.アメリカ合衆国:グアム諸島
当時16歳、高校2年生の春でした。
人生初海外。
私の高校はコースによって、男子のみと共学に分かれておりましたが、
私は男子のみのコースでしたので、男だらけの集団行動で初海外。
宿泊先のホテルで、女子大生とバレーボールをしたのが一番の思い出です。

2.大韓民国:釜山
大学4年生最後の卒業旅行。
0泊2日でひたすらカジノに入り浸るというクレイジーなツアーでした。
海外がとても身近に感じられた旅行でした。

3.ベトナム:ホーチミン
大学院1年生時、初めての国際学会。
英語での研究発表でしたが、原稿棒読みで足ガクガクなのを今でも覚えています。
街並みは古き良き東南アジアと高層ビルが建ち並ぶ異様な光景でした。
工事現場の仮囲には、日本企業の名前も多数見られました。


海外に行くというのは、海外から日本を見るという意味でも非常に意味のある行動だと思います。
次回は皆様をヨーロッパツアーへお連れします。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
あれもしたい!これもしたい!
Stay homeということで、家にいることが増えました。
もともと自宅で過ごすことが好きな私でも、
それが「せざる得ない」状況になると苦しいものです。

着ようと思っていたスプリングコートは、結局着れてないし、
ジムに行こうと思ったけど、ネットで調べたのみ。

友達に会いたいし、実家にも帰りたい。
のんびりと旅行に行きたい。
デパートに行きたい。
コスメも見たいし、マスクなしで、思いっきりメイクしてお出かけしたい。
洋服も買いに行きたいし、カフェでケーキを食べたい。

などなどしたいことは増えるばかり。


そんな中ですが、家にいることが多いので、家のことが気になり始めました。
引っ越しで、多くの荷物は減らしたものの、まだまだ多い状況。
「ミニマリスト」のワードに惹かれ、そんな部屋に...
と少しずつ進めていますが、前途多難。

今回のことで、働き方や自宅での過ごし方、ライフスタイルなど、
少しずつですが、変化があるかと思います。

家に対して求めるものも変わってくるかと。
例えば、リモートが増えれば、リモート勤務用に1部屋必要になったり、
マンションであれば共有部に専用のスペースができたり。

広告もそれに伴って変えていかないといけないですね。


まだまだ、先行きが不透明ではありますが、
「したいこと」にわくわくしながら、過ごしていきたいと思います。


| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
はじめまして
緑と桃色の葉桜から、いつのまにか青々と若葉が日差しを透かす時期になりました。
例年ならばゴールデンウィークに向けて心躍る時期でございますが、
今年に限りましては新型コロナウイルスに気を揉んでおります。

月の末から新入社員として働かせていただいております営業のO.Cと申します。
よろしくお願いいたします。


さて、冒頭でも触れましたが新型コロナウイルスのおかげでと言いますか、
私生活では街歩きをすることが増えました。
そういたしますと、普段1秒で通り過ぎてしまっている物がよく見えてまいります。
特に自宅の周りは現在マンションラッシュでして、
「先週はまだ建物があったけど、今日はもう更地になっているな」でしたり、
「なんかすごい穴があいてるな?!」のように、
日々変わりゆく街並みにワクワクしております。

これまでの人生、ほとんどを建物という物体の中で日々生活しておりましたけれども、
それらについて特に深く考えることも別段しておりませんでしたので、
いざこれほどまでに「価格の高い買い物」に携わる事になりますと、
おっかなびっくりしております。(私が実際に買うわけではないのですが)

新入社員として、会社と言う新しい建物での生活が始まりました。
日々精進していきたいと思います。
何卒よろしくお願いします。

もう少しいたしますと、日差しも強さを増し、太陽の力を感じる季節になりますが、
お体など壊されないよう。お気をつけくださいませ。




| カテゴリ : 営業C.O |  |