IBクルーブログ 日々奮闘するIBクルーの日常をご紹介!

私のITの進化
先日、パソコンを買いました。

きっかけは、荷物を少なくしたい!ということ。

 

どいういことかというと...

音楽を聞くのに、iPodを使っていました。

大学生の時に買った2009年発売の第5世代iPod nanoを。

もちろん有線です。

電車を見渡すと、8割くらいの方が無線のイヤフォンで

音楽を聞いています。

 

無線なら線が、意図せず誰かのコートのボタンに引っかかることもないし、

肩掛けカバンも気にせずにかけられるし、

何よりiPodとiPhoneの2台持っていく必要がなくなる!

と、一念発起。

 

iPhoneを持っているし、PCもあるし、

うまく同期すればいけるんじゃないか...と軽い気持ちでいましたが...

 

私のパソコンは、大学時代から使っているWindous Vista。

もうサポートが終了しており、同期できなくなっていました。

 

 

すったもんだありながら、新しいパソコンを購入し、

iPhoneに同期することができ、

私も無線イヤフォンデビューです!

 

荷物を減らせて、小さなバックでのお出かけもOK!

音楽もスムーズに聞ける!選べる!快適!

 
 

今、住宅ではスマートフォン1つで、外からお湯を沸かしたり、

エアコンや洗濯機などの家電を操作したり、

できることが増えてきています。

 

10年前のiPodでも音楽を聞くことはできていました。

ただ、やはり今の方が使いやすく、便利です。

 

外からお湯を沸かせなくても、帰ってから沸かせばお風呂には入れます。

ただ、沸かす時間を待っていなければいけません。

帰ってきてすぐにお風呂に入れて、待ち時間を他のことに使える、

これって便利ですよね。

 

ただ使いこなせるかどうかは、自分次第。

ITやAIをうまく取り入れられるように、

まず手持ちのiPhoneを使いこなすことからやってみようかと思います。
| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
「進化」のはなし
お世話になっております、営業のKです。

弊社の会社の方針書ではメンバーに「進化主義」という
概念を掲げております。
かのダーウィンが「進化論」で残した有名な言葉にこうあります。
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。」

ナイチンゲールは、
「進歩し続けない限りは、後退していることになるのです。」

なかなか含蓄のある言葉です。

今回は自分のことはしっかりと棚上げして、世の中には
進化せずにそのままになっているものをバンバン指摘する
ブラックな内容にしてみたいと思います。

・金属バット
少年時代3年程度利用。その後バッティングセンター用に
大人用のものを購入し、人生で合計4本目です。
基本的には変更されないものの代表格ではないでしょうか。
ゴルフクラブはテクノロジーの進化が紹介されていますが、
金属バットは無造作にスポーツ用品店に置いてあるだけです。
選ぶ基準は長さと、色ぐらいでしか判別できません。
市場が小さいため、研究開発の対象ではないのかもしれません。

・網戸
ユーザーとしては長い間網戸を利用しておりますが、
なかなか変化が見られないものの一つではないでしょうか。
ロール網戸などもありますが、耐久性や手入れがしにくい。
どこかで大幅に改善して欲しいものの一つです。

・バイクのウィンカー
車を走らせているとバイクがウィンカーを出したまま
直進していることをよく見かけませんか?
バイクに乗ったことがない人だとわからないかもしれまんせんが、
ウィンカーを出しても車のようにカチカチと音は鳴りません。
また曲がり終えても、手動でウィンカーをリセットする必要があります。
なぜか原付やスクーターはクルマと同じで、カチカチと大きな音が鳴るので、
気づきやすくなっています。
原付に比べてバイクは騒音が大きくて、カチカチ鳴らしてもムダだと
考えられているのか、危険なままにされているものの一つです。


普段は何気なく利用してるもの、何回も買い替えることがなかったりすると
仕方ないと思って選んでいる、使ってからわかるものも多いと思います。

誰が言ったのかはよく覚えていませんが、「神は細部に宿る。」という言葉が
あります。我々も細部までこだわったアイデアを突き詰めて考え、
提案してまいりますので、是非ご用命ください。

| カテゴリ : 営業 K.K |  |
ワーママのひとり言 vol.3
こんにちは。
現在7歳と5歳の息子たちを絶賛子育て中のワーママK.J.です。



あっという間に師走になりましたね。
このブログを書き始めた時はまだ梅雨でしたのに、時の経つのが早過ぎて...と、
毎年この時期皆さま思うのではないでしょうか。


さて、過去2回のブログで、下の階の住人の方との騒音トラブルのお話しをして参りましたが、
いよいよ今回完結編です笑


3ヶ月前は話し合いは平行線のまま、頭を抱えておりましたが、
下の階の方からこんなメッセージが主人に届きました。


「日曜日の12時から内見がありますので、その時間はなるべく家にいないようにして頂けますか?」


その後お引っ越しを考えていると言う旨のメッセージも届き、とうとうこの2年に及ぶ長い時間も
終わりを迎えるのか...と。


ただ、「なるべく家にいないようにして...」と、言う下りは置いておいて、この内見メッセージが毎週しかも、
平日夜中の2時とか3時に送られてくるのです。


いやいや、寝てますから〜??


薄々、と言いますか、気づいてはおりましたが、下の階の方と私達とでは、全く逆転の生活をしておりました。


下の階の方にとっては、お仕事から帰られてそろそろ寝ようか...の、頃に私達がバタバタ朝の戦争が始まり、
下の階の方がそろそろ起きようか...の頃にこれまたバタバタと帰って来て、夜の団欒が始まるわけですね。
お風呂に入っている音がうるさいと言われた時にはいよいよどうしようかと思いました。


結局この1ヶ月位、例の深夜の内見メッセージが届かなくなり、おかしいなぁ〜と、思いながら、下の階を
見に行ってびっくり。


表札も外れ、もぬけの殻でした笑


いつかはわかりませんが、もうお引っ越しされていたのですね。


と、言うことで、この度の騒動は2年近くに及びましたが、下の階の方がお引っ越しをされて終焉致しました。


でも結局、根本的な事は何も解決されないままでしたね。
やはりどちらかが出て行くまで、この手の問題は解決が難しいのでしょうか。


今回の件で私が住宅購入する際に思ったことです。


1.中古と新築を迷っている方は、価格だけで妥協しないこと!


2.マンションと戸建ともう一度メリット、デメリットを含め検討してみること!←特に未就学児がいらっしゃる方


3.迷ったらとにかくモデルルーム、モデルハウスを実際に見に行くこと!


今回子供の成長に合わせて出てくる住宅問題など、実際に経験してみないとわからない事があり、
これは騒音トラブルだけでなく、とても勉強になりました←ポジティブシンキング笑


今後何かの不安やお悩みを抱えている方に、そうそう、それそれ、と、思って頂ける広告をお届けできればと
思っています。




さて、今度はどんな方がお引っ越しされてくるのでしょうか...


ひとまず、皆さま少々早いですが良いお年をお迎えください。



| カテゴリ : 営業 K.J |  |
竣工物件のススメ
首都圏本部のH・Nです。
 
冬本番に入りつつあり、寒い季節になってきました。
インフルエンザや風邪も流行っているので、皆さま体調にはお気をつけください。
 
さて、不動産業界も11月後半に入り、年末年始商戦の準備が始まっております。
特に完成している物件の販売はこれから3月に掛けてが最も活況になる傾向にあります。
 
とある私自身も今年の1月にマンションを購入しました。
実際に買い手として物件を探している時に思ったのが、実際の建物やお部屋を見られる安心です。
勿論、完成前の早い段階で購入すると、設備仕様のセレクトが出来たりするメリットがありますが、
私個人はやはり実際の建物やお部屋、眺望などを確認出来た点が、とても重要な要素となりました。
既に暮らしている方がいればマンション全体の雰囲気も分かりますし、
晴れの日、雨の日、季節による日当たりなどを確認できますし、何より実際の部屋を見られるので、
そこでの暮らしや家具配置のイメージがスムーズに出来ました。
 
ですので、これから新居を探す方、今後の参考でマンションを見学する方は、
希望のエリアや予算で選定すると思いますが、
その中で「完成している物件」を一度見学するのも良いと思います。
 
年明けに掛けては、多くの物件が完成してくる時期でもあるので、
ぜひ参考にしてみてください。
|  |  |
"ふるさと"からの便り
お世話になっております。首都圏本部のS.Sです。
前回ブログを執筆させていただいた頃の暑さはどこへやら、そろそろ私も
仕舞い込んだマフラーを探さなくては、と思っております。

つい先日の事ですが、静岡に住む弟から、数年前からお付き合いをしているAさんと
同棲をはじめるとの連絡がありました。
まさに寝耳に水の報告にしばらく反応を返す事ができませんでしたが、確かに年齢を考えれば、
弟は22歳。不思議ではない年齢です。
然しながら私の中では何時までたっても、鼻水をたらしながら私の方へ走ってきたY次郎君なので
いまいち現実味を帯びないというか、実感がわきません。

取り留めのない話を進める中で、新居選びの話題となりました。
そもそも同棲する2人の職場は、方や静岡県西部の磐田市、方や東部の沼津市。
そして新居の予定位置は中部の静岡市清水駅前。東西の長さを知る元県民からしてみれば、
かなり無謀な通勤路だと感じ、反射的に反対しておりました。

しかしいざ通勤ルートを調べてみれば、新幹線とまでは言わなくとも、快速扱いのホームライナー経由で
1時間少し。通えない距離ではありません。では沼津方面はどうか、東海道線利用で47分。
こちらも充分検討範囲内です。時刻表を確認したときは完全に虚を突かれた思いでした。先入観だけで
即座に反対してしまった私ですが、実際に条件や通勤時間を検証してみれば、確かに生活水準、通勤時間、
利便性を含めて両者にとって「清水」在住という選択は非常に妥当なものだったと、今では感じております。

その後、2人で暮らすための間取りや、駅の距離についてなど、この1年間で少しばかり身に着けた知識を
何とか彼らの暮らしの役に立てればと助言や、物件の相談などを行いましたが、今回はハナタレの弟に
1つ気づきをもらう事ができたと感じております。

「その手があるか!」HCDを実践するIBクルーとしては、常に新たな提案をする事は使命です。
その目標に向かうためのアクションは複数あっても良いのではないか、そう自分を省みるようになりました。
先入観に凝り固まらず、常に様々な情報や考え方を自分の成長の為、吸収していこう。
そう決意を新たにさせてくれた「便り」でした。

| カテゴリ : 営業 S.S |  |
「アスリートファースト」で思うこと

 こんにちは。


東京オリンピックまであと250日余りとなりました。

ラグビーワールドカップが日本代表チームの活躍があり大いに盛り上がりました。

スポーツの祭典であるオリンピックが東京に来たらどれほどの盛り上がりを見せるのか。

今からワクワクしています。


ただ、個人的に楽しみにしていたマラソンが東京から札幌に移転となりました。


選手もまさか開催地の変更は想定していなかったと思うので、これからどのように対処

するのか?MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)をTVにかじりついて見ていた

自分としては、35km過ぎから始まる登り坂でのサバイバルレースに日本人選手がいて欲しいという

希望を持っていたので、ちょっと拍子抜けてしまいました。


この一連のマラソン開催地問題で「アスリートファースト」という言葉が叫ばれていますが、

東京より5℃気温が低い札幌で開催することが「アスリートファースト」なのか。

東京でのレースを想定したトレーニングをしてきたことを生かしてもらうことが

「アスリートファースト」なのか....。


恐らく開催地が東京に戻ることは無いので、来年どんな結果が出ようと色々な意見が

出るのでしょうね。いちファンとしては神保町で選手が3回通るところを見たかったな・・・

と思いますが、気持ちを切り替え、札幌開催をTVで応援します。


ところで、「●●ファースト」・・・。

自分自身の仕事を振り返ってみると「クライアントファースト」となるのですが、突き詰めようと

日々奮闘しています。お客様の商品が売れるため、またはブランドの向上など、その時々で

お客様が私たちに何をして欲しいかを考え、それを商材として形にする。形のないものから

形あるものにしていく仕事をしている身として、形になる時に「クライアントファースト」の気持ちを

入れていきます。


クライアントの皆様方、よろしくお願い申しあげます。


 

| カテゴリ : 営業 T.N |  |
七五三
お世話になっております。
首都圏本部Kです。

あっと言う間に11月、今年も残すところあと2ヶ月となりました。
「1年経つのが本当に早い」というセリフをよく耳にしますが、歳を重ねるごとに時が経つ早さを実感します。

先日、7歳の娘の七五三の撮影を同じ歳の姪っ子としてきました。

3歳の七五三からあっと言う間に7歳の七五三。
3歳の時は髪の毛のセット、着付けに動かないようにずっと付きっきりでしたが、今回は美容師さんと
楽しそうに話しながらヘアセットも着付けもなんなく完成。
3歳の時とは違う、普段とも違う2人の女の子らしい立ち振る舞いに感心しました。

時が経つのが年々早く感じるからこそ、日々の忙しさに流されてることなく、自分自身意識して
その時その日を大切に過ごしていきたいと思います。
娘の成長を見守るだけでなく、自分も成長していけるように。
| カテゴリ : 営業 T.K |  |
BEST of 新規開拓
未だかつて、こんな急速に新規開拓した事例はみたことない。

それは、ラグビーワールドカップで大躍進したサクラジャパン。

私はスポーツ大好き人間であるが、ラグビーのルールもまともに知らなかったし、
試合をテレビでも一試合通してみたこともなかった。
ただ今回は特別で、アジア初開催であること、
あらゆるところで目にするW杯の広告、
その広告のキャッチコピー「4年に一度じゃない、一生に一度だ!」の
コピーに心躍らせ、チケットだけはゲットできていた。
せっかく観にいくのだからと思って見始めたラグビーが、
まさかここまで盛り上がるとは想像もしていなかった。

そうです、私はラグビーに心を奪われた、新規客の一人です(笑)
ただ私だけではないだろう、多くの日本国民が感動し、
世界に日本の魅力を発信できたと思うと、誇りに思います。

感動の裏舞台を、ひとつひとつあげていくときりがないですが、
今回はたくさんの奇跡や感動が相まって、感動をより大きくしてくれましたね。
例えば、劇的な試合展開の連続、期待を裏切る想像していなかった結果、
選手それぞれのキャラクター、ワンチームの結束、チームの信じる力、
台風の影響による試合中止、ボランティアなどなど・・・

中でも私はラグビーの街、
岩手県釜石市で開催する試合が中止になったとき、
非常に悔しい思いでしたが、
震災から復興を発信するための釜石のスタジアムで
中止を決断したのは大きな意味があると思いますし英断でした。
様々なニュースが重なり合ってより感動を膨らませ、ファンをつくってくれました。
感動を与えてくれた事に感謝です。

ラグビー、そしてスポーツありがとう。
釜石?.jpg
釜石?.jpg

ラグビー.jpg

| カテゴリ : 営業 R.K |  |
多様な働き方
こんにちは。管理本部のNKです。
このたびの台風、豪雨により被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
1日も早く復旧されますことお祈りしております。


弊社では現在「2020年新卒採用」絶賛採用活動中でございます。
先日、就活動向調査を見ておりましたところ、
2020年新卒の学生さんの【第一志望勤務地】ランキングがございました。
1位:東京都
2位:愛知県
3位:大阪府

弊社の本社がある愛知県が2位とはうれしい結果です。
愛知は「ものづくりナンバー1」の県。自動車関連をはじめとする製造業が盛んですので納得できます。
偶然にも上位3位に弊社の拠点がありますから、ひとりでも多くの学生さんがこのインターブレインズにも
興味を持っていただけるようがんばります。

学生のみなさんが、就職先を決める際の重要ポイントで最も多かったのが、
男性は「自分が成長が期待できる環境」でした。
見通しづらい社会の中では、自らの成長こそが安定につながるという考えが根底にあるとのことです。
意外にも、と言ったら失礼ですが、しっかりと将来を見据えている学生さんが多いことに感心しました。

一方女性で多かったポイントは「希望する地域で働ける」ということでした。
女性は結婚、出産などのライフイベントに影響を受けやすいので、
慣れた土地で安心して働きたいという気持ちが強いのかもしれません。



働き方改革が叫ばれている中、弊社でもライフスタイルに合わせた働き方ができるよう
地域限定配属や時短勤務を取り入れております。
そのうえで、各人の生産性を上げ、ES(従業員満足度)を高め、CS(顧客満足度)も下げることなく、
企業として常に成長し続けるのは容易なことではないかもしれません。
しかし、この先50年・80年・100年と意義のある存在であり続けるために、今やるべきことをやる、
そこに一生懸命取り組んでいこうと思います。

| カテゴリ : 管理本部 N.K |  |
"超"車社会愛知県
愛知県に住んで早半年が過ぎました。

東京で暮らしていた事と何が大きく変わったかと考えると、やはり車に乗る頻度です。

東京ではほとんどの場所に電車で行くことが出来ました。
あまり車が無くて不便だと感じることはありませんでした。

愛知県に来てそれが反転。
車が無くてはならない存在になっています。
普段の営業で打ち合わせに行く際も車。
週末遊びに行くのも車。

なんとなくですが、公道を走っている車も多い気がします。

これは私たちが関わる暮らしと大きな関係があり、
首都圏のマンションでは、マイカーではなくカーシェアを取り入れるマンションが増えています。
東海圏では、やはり駐車場の台数や平置き駐車場であることが重要視されます。

近年では、個人間カーシェアなるものも誕生しているとのことです。
使いたいときだけ使うシェアする精神が日本に浸透しつつあると感じている昨今です。

愛知県の方々を理解していくには、まずは車の重要性を知ることではないかと思いました。
ちなみに、私はマイカーを所有していますが週末のちょっとした時間しか乗る機会が無く、
個人間カーシェアを利用してみようと思っています。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |