IBクルーブログ 日々奮闘するIBクルーの日常をご紹介!

ワーママのひとり言
初めまして。
現在7歳と5歳の息子2人を絶賛子育て中のワーママK.Jです。
首都圏に入社してから早4ヵ月が経ちました。
前職は海外ウェディングに長く携わっておりましたので、業界を超えてまた一から脳みそフル回転??
少しは若返ったかしら?と勝手に思い込んでおりますアラフォーです。
日々の奮闘を世の中のワーママに共感して頂けましたら幸いです。

実は最近住んでいるマンションのちょっとした騒音トラブルに巻き込まれております。
元々共働きを考えて実家近くに住む??という事が大前提だったため、長男が産まれるタイミングで、
両親に勧められた中古分譲マンションを即契約したわけですが、夫婦地元ですし、環境も立地も申し分なく
全く不満も不安もなかったわけなんです。

ただ、有名大手企業のマンションとは言え、中古なので、今の最新設備や建築方法とは確かに程遠く(ふむ、やはり
住んでみてわかること)完璧な住まい選びって難しいのだなぁと、実感しております。

『住まい選びは一生のこと??』と言いますが、確かにその通りなんです。人生を重ねていくと、環境も変わり、自分も
歳を重ね、子供も成長して、十人十色でそれぞれの悩みが尽きないですよね。

私の親族は同じく騒音トラブルで分譲マンションから新築戸建てに住み替えましたし、近所の私の
両親世代の方は、戸建てから都心の新築マンションに住み替えました。
この仕事を始めるまでは気にもしていませんでしたが、結構住み替えする方多い??と、言うのも新たな気づきでした。

話しは戻りますが、そんなこんなで、私も改めて新しい住まいってどうなのかなぁ〜と、漠然と思い始めた
わけです。でもまだ全然購入を検討しているわけではありません。

はい、完全に潜在客です。どうしたら見込み客になるのでしょうか?笑
きっと同じ様に、それぞれ住まいの悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃるはず。
自身の悩み解決と共に、これから紐を解いていきたいと思います。

少しでも皆さまの気づき、納得、そしてお悩み解決が出来るように日々奮闘していきますので、
これからもどうぞよろしくお願い致します。


| カテゴリ : 営業 K.J |  |
令和の目標
令和の時代に突入しました。
世界情勢が大きく変化する時代ですが、特に日本は債務問題、人口減少、少子高齢化という難局
に直面し、どのような選択をし、どう乗り越えるのか世界中が注目しているようです。
そして私達は何を決断していくのでしょう。色々と目が離せません。

少子高齢化社会は日本の次にシンガポールが高いそうです。シンガポールと言えば昨年、
米朝首脳会議を成功に導いたあの国です。少子高齢化対策としての介護保険が非常に充実して
いるようなのですが、ベースになっているのが日本の介護保険だと。
それを上手く自国のライフスタイルに合わせています。

高齢者を介護施設にいれる習慣は低く、子供が面倒をみるというのが一般的で両親扶養法という
60才以上の自活できない両親にはその子に扶養義務があるという法律まであるそうです。
その結果、子供が親の健康にすごく気を遣うそうです。またずっと健康でいられると介護保険に
高い利子がつき、引き出せるというインセンティブもあると。凄い!健康でいるとメリットが多いと
いうことなのです。

基本となるのはやはり健康ですね。平成の時代も健康関連はとても大きな市場でしたが、令和の
時代では、健康管理はより一層拡大されていくのではないでしょうか。
私も3か月に1度は血液検査をし、定期的に臓器を検査しています。今までは大好きなお酒を飲む
為に健康管理していたところもあるので(私にとってはこれが大きなメリットだった)、お酒も控え
健康に気を遣う事を令和の目標にします。

| カテゴリ : 営業 M.M |  |
令和が始まる今、改めて考える「地元プロモーション・HCD」とは
皆さま、こんにちは。
首都圏のH・Nです。
 
平成最後のブログとなりますので、
改めて私たちが仕事としている「不動産広告・販促」という事を考えてみました。
 
他の消費財の広告と最も大きく異なるのが、殆どの商品が「土地=不動産」となることです。
 
不動産は文字のごとく、日本、都道府県、市区町村に根ざしたもので基本的には未来永劫無くなることは
ありません。
 
そのためプロモーション活動も「広範囲に行うもの」と「地元エリアに行うもの」と大きく二種類に分かれます。
 
広範囲のプロモーション(地元も含まれる)は、ここ数年でWEBの発達による、
ポータルサイトや口コミサイトなどの媒体が増え、それを軸にしたデザイン構築・コンセプト構築・
ターゲット設定を各物件ごとにマーケティング調査を基にして設定していきます。
ここは大なり小なりで手法が異なってきますが、基本的には「探している人へ広告を届ける」か「無作為に
届けるか」の選択となり、選定後は広告に携わる人間としては、微調整の作業しか出来ない状態になります。
(分かりやすく極端な表現ですが)
 
逆に、「地元エリアに行うプロモーション活動」は、その手法・タイミング・時期・広告代理店担当者によって
大きく成果が変わります。
それは広範囲が「媒体をつかった流しっぱなし」の展開で検索者の能動的な動き任せなのに対して、
「地元エリアプロモーション」は、こちらから働きかけ「受動的」に物件情報・物件メリットを掴んでいただくためです。
 
私たちインターブレインズは他代理店と違い、上記の「地元エリアへのプロモーション」=「HCD(housing client 
developer)活動」に大きく力を入れて、クライアント皆さまから評価いただいているのは、そのためです。
 
正直、ITの発展、情報を得る手段の多様化、情報の細分化が進んだ昨今では、
不動産に関わる広告は「地元」に対してプロモーション以外は差別化・独自化が出来なくなっている時代です。
 
実は、今年になってからナショナルデベロッパーが中心となって、「広域プロモーション離れ」が進んでいます。
それは流しっぱなしで「待つ」しかできない現況の広域手法に限界(費用面含めて)を感じて、
改めて「不動産」という特性を意識し、地元特化型の展開に切り替え始めたからだと考えられます。
 
平成が終わり、令和が始まるタイミングで、
私たちも時代にあった、「地元へのアプローチ HCDプロモーション」を更に進化・深化させて、
不動産に関わる方々、皆さまへ貢献できるように邁進してまいります。

| カテゴリ : 営業 H.N |  |
静岡発→東京着の新入社員です
はじめまして。
首都圏本部のS.Sと申します。

この春から入社いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

上京して初めての一人暮らし、初めての大都会での生活と日々刺激的な毎日を送らせていただいています。

私の地元静岡市は、東西を宇津ノ谷、薩埵といった『東海道中膝栗毛』にも登場する東海道の難所が封じ、
南北は海と山に囲まれたコンパクトな街です。
年間を通して温暖で、私は東京に来て初めて空から降る雪というものを目にしました。

東京に来て最も驚いた事は、人の多さです。
人口は静岡市が69万に対し23区は約1000万人。人口密度では30倍もの差があります。
私が毎日利用する葛西駅の1日乗降数は10万人。とてつもない数の人の波にただ圧倒されました。

話は変わりますが、人にとって家とは人生そのものであると感じます。
私自身のこれまでを振り返ってみても、当たり前ですが実家で過ごした時間は膨大で、思い出の数も数え切れないほどあります。

こと東京五輪を目前に開発が続く首都圏において、生活スタイルは多様性極まるものであり、ますますHCDとしての役割が求められる状況です。

1000万人のニーズに応え、各人にとって素晴らしい家を紹介できる人間になれるよう、多くの人、多くの街に出会い、日々成長していきます。
若輩者でございますが、誠心誠意努めさせていただきます。
何卒宜しくお願い申し上げます。
| カテゴリ : 営業 S.S |  |
春は新たな気持ちで

桜も各所で満開を迎え、私も先週末はお花見を堪能しました。

春は新社会人、新入生と何かと新たな出会いがある人も多いと思われます。

うちの子どもも、友達との話題は新学期のクラス替えと担任の先生が誰になるのか

ということだそうです。


私の部署にも新人が一人配属され、毎日新しいお客様、新しい業務と格闘しています。

自分が社会人となったのはもう20年ほど前の話ですが、当時は慣れないことの連続で

苦労したことを思い出しました。


 今年度からは「働き方改革」で残業時間が規制され、違反には罰則も設けられるように

なりました。インターブレインズでも期初のキックオフの会議時に「働き方改革」について

考える時間がありました。詳しい内容は省きますが、日々の生産性を高めるために

コミュニケーションを密にとり、チームで生産性を高めていかなければならないと改めて

意識しました。

小さなことからですが「凡事徹底」を基本とし社内外でコミュニケーションを円滑に進める

ことから意識していきます。

| カテゴリ : 営業 T.N |  |
ぴっかぴかのA.Mです
はじめまして。
この春から入社いたしました、A.Mです。
新卒入社ですので、ぴっかぴかの新社会人です。
皆様どうぞ、よろしくお願い致します。
 
さて、千葉県で生まれ育った私は名古屋本社の配属になったのですが、
初めての引越し、初めての一人暮らし、初めての仕事と、初めてづくしの毎日を送っています。
 
特に転居して思い知ったのは、実家のありがたみです。
私は、この世に生を享けて22年間、ずっと千葉の実家で暮らしてきました。
22年間ずっとそばにあった、あの暖かいおうち。
人にとって、家って、家族みたいにいつもそばにいる大切なものなのですね。
 
暖かい家を出て、寂しさを思い知った今が、私の新たなスタート。
家は、人の人生の、新たなスタートに欠かせないものです。
そんな大切なものを人に伝えられる、人に届けられるこのお仕事を私は誇りに思います。
 
今はまだバタバタ忙しい毎日を送っていますが、今の頑張りがいつか実を結ぶように、
新しい仕事、新しい場所、新しい人、に出会って日々成長しながら、
お客様や、新たな人生のスタートを切ろうとしている方の手助けができればと思います。
 
不束者ではございますが、何卒、よろしくお願い致します。

| カテゴリ : 営業 A.M |  |
新生活
首都圏営業T.Kです。
寒さもやわらぎ、桜の開花もカウントダウンがはじまりましたね。

4月から娘がいよいよ小学校に入学します。
娘もわたしも新生活への不安もありますが、期待でいっぱいです。

娘は入学式前の4月1日から学童に通います。
学童は保護者が働いていたり病気などのため、放課後に家庭で保護・育成にあたる
ことのできない世帯の小学校1年生から3年生を対象に、放課後から18時まで、
夏休みなどの長期休暇の間子供を預けることができます。

先日学童の説明会に出席したのですが、学童の所属人数が100人強いるとのことに
驚きました。教室内はパンパンだそうです。
娘の通う小学校の1年生から3年生まで児童数200人程度ですので、約半分にあたります。

先日今担当している物件の調べで、ワーキングマザーの割合が過去最高の68.1%に
なったというデータを取り入れたのですが、まさにそのデータを身近に感じた説明会でした。

担当している物件でも、働くママを対象にした間取りやオプションプランを取り入れています。
今後、働くママをターゲットにした商品が増えてくるのではないかと思います。
働くママのひとりとして、営業として、貢献できることはないか日々意識していきたいと実感しました。
新しい生活に備えて身も心も引き締めてまいります。
| カテゴリ : 営業 T.K |  |
東京マラソン
こんにちは。最近ランをさぼりぎみの私です。
3月3日に東京マラソンが開催され、
今回は過去最高の38,000人が参加したようです。
参加できるランナーは約13倍の倍率を潜り抜けて参加できたようでが
私はしっかりと落選となり今回は応援側にまわり、
コースをあちこちと移動しながら楽しみました。
一層来年の2020年オリンピックイヤーにはどうにかして参加したい思いです。
参加者は多種多様で、当然本気で走りオリンピック先行へつなげる方や、
チャリティーの方、衣装に拘った方、などそれぞれ思いがあり
見ているだけで楽しい時間だと感じました。
これだけ多くの人に感動や、ランナーのモチベーションを創造できる
この大会に改めて感銘を受けましたね。
私は人を熱し、人を動かすこの大会から、仕事や広告にも活かせるものを
たくさん体感できたので、イベント運営や、人の心を動かせるという観点で
今関わるプロジェクトで、エンドユーザーに共感いただけるものをつくり、
そのものを届けるために脳みそをフル回転させたいと思います。
このような人の心を動かす仕事を必要とする方は是非、私にご用命ください。

| カテゴリ : 営業 R.K |  |
新天地
お世話になります。
この度、首都圏本部より名古屋本社へ異動となりました、営業Y.Iです。

名古屋という地は、訪れたこと2度3度の場所で右も左も分かりません。
異動が決まってからの2?3週間は、ネットや情報紙で色々と調べてみましたが、
実際移って来るとやっぱり右も左も分からない。

そこで、自ら情報を得るのではなく、知っている人から情報を得る方向に転換しようと思い、
お得意の草野球チーム募集ページで選手募集をしているチームを漁りました。
早速、連絡が取れたチームに来週行ってきます。
これは東京でも行ってきましたが、スポーツというたった一つのことで人は繋がれます。

広告も同じなのでは?と最近思うようになってきました。
広告も人と人をつなげる仕事であるように、
いかにその人に響くか、興味を持ってもらうかという一つの手段です。

これからも自らを実験台にしてずけずけと人の懐に入り込み、
コミュニティーを広げていきたいと思います。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
友達、家を買う
最近、結婚式などで懐かしい友達と会う機会が増えました。
 
結婚していたり、子どもがいたりする子もちらほらと。

そこで、近況の話になるのですが...
「家」の話も。


引っ越しするなら入園前に
ここの学区はあんまりよくないからあっちの学区に
将来両親と暮らしたいから、広めの土地を
金利が低いし、消費税増税前だから
来年、家賃更新だからそれまでに
マンションと戸建どっちにしよう
中古と新築で悩んでいる
色々な会社見たけど、営業さんが良かったから決めた


などなど。


販売の方から聞いてた、お客さんの声というのが、
友達から出てきて...
 
家を買うということ、家を買う人のことを、
よりリアルに感じました。
 
同時に自分たちもそういう年代になったんだと。

私が家を買うのはまだまだ先かもしれませんが、
家を買う層の1人ではあるので、
家を買う人の視点で、営業ができるようにしたいと思います。


| カテゴリ : 営業 Y.I |  |