IBクルーブログ 日々奮闘するIBクルーの日常をご紹介!

「音楽フェス」と「不動産のセールスプロモーション」の関係
こんにちは、首都圏本部のH・Nです。
酷暑であった7月8月が終わり、一気に秋の気配が強くなってきましたが皆さま体調はいかがでしょうか。
乾燥してきたり、寒暖差が大きくなってくるので風邪やインフルエンザにはお気をつけください。
 
題名にもありますように、音楽フェスが昨今では「夏の風物詩」に定着しつつあります。
 
私は高校・大学時代という十数年前から音楽フェスに行っていましたが、ここ2?3年で
音楽フェスの方向性が変わりつつあると感じています。
 
一昔前は「音楽フェス」=「コンサート・ライブ」に近く、フジロックやドリカムワンダーランド等、
一部のフェスで少しだけ他のレクレーションがある程度でした。
 
しかしここ数年、世の中が「物の充実感」よりも「体感の充実感」にシフトしているように、
ただ単に「音楽を聞かせる」だけでなく、「音楽を聞きながら○○○を体験・楽しむ」ことにシフトしつつあります。
 
例えば、
ニューアコースティックライブではフジロック以上に気軽に自然生活を楽しめたり、
沖縄のWWWフェスでは海辺でのリラクゼーションと音楽のコラボであったり、
都市型フェスの代表サマーソニックでも、球場の通路や空きスペースなどで体感型のイベントを催したりと、
多岐に渡っています。
 
 
これは、不動産のセールスプロモーションでも同じようなニーズが高まりつつあります。
今までは綺麗なモデルルームを見せて、物件の説明をする事に力点が置かれていましたが、
最近では「その家で暮らしてからのライフシーンを具体的に想像できる」点がフォーカスされるようになりました。
 
例えば、
専用庭がある暮らしを想像させるために「モデルルーム内にキャンプグッズを設置」したり、「キャンプブランド」と
タイアップしたり。
例えば、
物件紹介のパンフレットも今までなら「場所・物」の説明が中心だったのが、「その家を通してのライフシーン」を
訴求する事に変わっていったり。
 
 
科学の進歩が進みきった現代では、他の消費財も「品質」だけでなく、物から得られる「体感・経験」を
重要視されるようになってきます。
 
きっとこれは今後も続く事象になるため、私たち広告物や販売センターを造るときには、その点を意識して
仕事をしていきたいと思います。
 
 
| カテゴリ : 営業 H.N |  |
同じ目線で
こんにちは、名古屋本社のH.Iです。

入社して、名古屋に住み始めてから、気づいたらあっという間に5ヶ月が過ぎていました。
大変濃く、充実した日々を送らせていただきました。

この仕事を始めてから、必要性を身に染みて感じたことがひとつあります。
それは、「お客様と同じ目線になって考えること」。

クライアントであるお客様、そして何より、お客様のお客様であるエンドユーザーは
どんな企画があったら嬉しいのか、興味を持っていただけるのか、、、が重要で、
その為には「自分がそのお客様だったら?」という、同じ目線に立って考えることが
求められます。
これは簡単そうで中々難しく、そのターゲットとなる人達が、日々どんな生活をして
いるのか?どんなものに興味を持っているのか?、、、から考えなくてはいけません。

例えば、小さなお子さんがいるファミリーが、イベントの特典としてあったら喜ぶも
のは?
若い学生さんは普段どんな媒体を見て情報を得ているのか?、、、などなど。

そもそも今までは、「私だったら」どんなものがあったら嬉しいか、、、という、
自分目線で考えることだらけだったので、時には苦戦する事もありました。
早くお客様のニーズに合った企画を提案できるよう、そしてお客様に喜んでいただけるよう、
「同じ目線」に立つことを意識して努めてまいります。

| カテゴリ : 営業 H.I |  |
北千住で暮らし始めて
東京に復帰して、北千住で暮らし始めました。
不動産広告の仕事をして20年以上経ちますが、
北千住は駅で乗り換えしたことがあるだけで、
街の空気を体感したことはありませんでした。

暮らし始めるまでの印象は、とにかく「駅が半端ない」。
半端ないというのは、駅の大きさという以上に『人の多さ』のことです。
調べてみれば、利用者の規模で言えば、新宿、渋谷、
池袋、大阪(梅田)、横浜に次いで全国6位の規模だそうです。
乗り換え客の多さが半端ない駅、それが北千住の印象のすべてです。

千住宿を由来とする、あくまで古い町で、年齢層も少し高め...?
街のイメージは「下町」「雑多」「グレー」という感じ...?
そんな先入観による思い込みを持って、この街に住み始めたわけです。

***

さて、住んでまだ日も浅いですが、印象を一言で言うと、
「リトル新宿」という感じでしょうか。

駅ビルがルミネで、丸井があって、飲み屋横丁があり、あやしい歓楽街もある。
こういう街の見てくれだけでも十分に新宿感がありますが、
それだけでなく、人の多さ、エネルギー、老若男女の多様性といった、
人の風景、活力という点もどこか新宿に似ている。
そう、思っていた以上に若い人が多いのです。
これは予想外でした。

調べると、2005年以降に東京電気大や東京芸大など、
5つの大学が北千住にキャンパスを設けていました。
足立区は、"子どもたちの未来を支える教育の場"として
北千住という街をとらえて、大学誘致を進めているとの事。

その効果もあり、僕は「北千住は若い街」という印象を持ちました。
ルミネも丸井も早速行きましたが、週末は若い人で大変賑わっています。

花火大会が開催された日中には、街中のメインの商店街で、
バイトの若い学生が各店舗で出店を出し、大声で呼び込んでいて、
ものすごく街の若さとエネルギーを感じました。

こうした傾向も踏まえて、北千住は今注目の人気の街です。
分譲マンションも次々に供給されます。実際に仕事もあります。
暮らし始めたばかりですが、実際に住民となって感じたことを、
北千住でPJを持つ住宅会社の方、そして検討する実ユーザーの方へ、
臨場感と説得力たっぷりの住民目線で、上手く伝えていけたらと思います。

| カテゴリ : 営業 T.H |  |
地元愛感じています
現在マンションプロジェクト絶賛立ち上げ中です。

このプロジェクトの準備をしながら
非常に楽しいと感じ、仕事を出来ていることに感謝です。

何が楽しいかというと、
このプロジェクトの集客エリア、ターゲットエリアは地元中心です。
地元の捉え方はプロジェクトによって異なりますが、
このプロジェクトは最寄り駅周辺と広くありません。
そこで楽しいポイントはどのようにこのプロジェクトが地元に愛されるか、
どのように魅力的に映るかを考え、プロジェクト成功に寄与できるかです。
そして大事なことは、地元の方に寄り添いながら、生の声を聞き、
地元の方と地元の人にしか分からないこと、
地元の人だからこその力(愛)がある話を聞かせていただき、
私たちとしても何か力になれないかという想いです。

話す時間や、話す内容が濃くなっていくうちに、
お互いに仕事ではない部分でも人として繋がっていきます。
結果的にこれがお互いのメリットとなれば最高です。
そんな地元愛を見つけ、地元を深く知り、自分が地元民のようになることを
楽しみながら仕事にしています。きれいごとですが、かならず結果と人間力に繋がります。
そんな仕事が出来ていることは感謝です。

これからも不動産ニアリーイコール地元ということで
我々に出来ること、お客様のお客様をみつけられる活動を続けたいと思います。

地元集客にお困りの方、具体的な活動を考えている方、
安くはありませんが私にお任せください(笑)

| カテゴリ : 営業 R.K |  |
30周年と富士登山
こんにちは。管理本部のK.Nです。

まずは、7月に起きた西日本豪雨により被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧をお祈りしております。まだまだ暑い日が続くようですので、どうかご自愛ください。



さて、弊社は5/17をもちまして30周年を迎えることができました。
ひとえに、皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
これを記念して、8/3-4富士登山に行って参りました。


1日目。
登りはじめ、「あれ?案外余裕かも・・・」
と思ったのもつかの間。
急斜面に悪戦苦闘。
呼吸が乱れたうえに大量の汗。
富士山をナメたらイカン。

運動不足を反省。
とにかくゆっくり自分のペースで1歩づつ。
羊かん食べて生き返る。
ただただ無心で登り続ける。
景色に感動。
宿泊の山小屋に到着!
何とも言えない達成感!!
ビールでかんぱーい!

DSC_0205.JPGのサムネール画像のサムネール画像


2日目。
ご来光に感動。心が洗われるよう。
朝イチ、ロッククライミングのような崖からスタート。
まだ8合目にも到達していないと知って心が折れかける。
でも3,000mを超える地点に自分が立っていることに感動。
景色にやっぱり感動。
富士山本宮浅間大社に到着。
気分が高揚しているせいか、あまり疲れを感じない。
でも本当の山頂はまだまだ先。

DSC_0244.JPGのサムネール画像

30周年の挨拶状を山頂の郵便局へ。
気合いを入れて『3776m 剣ヶ峰』を目指す。
荒々しい火口に、改めて富士山の偉大さを実感。
【日本最高峰】石碑と一緒に記念写真。やったー!

DSC_0282.JPGのサムネール画像



満身創痍のメンバーもおりましたが、
お天気も恵まれ、脱落者もなく、全員無事に下山することができました。
登山を人生に例える方もいらっしゃいますが、
実際に経験してみて、なんだか少しわかるような気がしています。
総じて楽しく良い経験でした。


おげさまで30周年を迎えたインターブレインズですが、
富士登山のごとく、1歩づつ上を目指して進化を続けて参ります。
引き続き、ご指導・鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

| カテゴリ : 管理本部 N.K |  |
100回記念
こんにちは。
首都圏本部のY.Iです。

連日猛暑の日々が続いておりますが、相変わらず「野球」な日々を過ごしております。

プロ野球観戦、都市対抗野球観戦、草野球など、毎週末野球三昧の日々を過ごしております。
また、今年は夏の高校野球選手権が100回記念を迎えます。
歴代最多の56校が出場します。
私の地元の大阪府も、例年1代表のみですが、今回は南北1代表ずつの2代表が出場します。
今年の夏は、非常に楽しみです。

実は、私の住んでいる場所の近くには東京都の予選大会が行われる大きな球場があります。
毎週日曜日朝のランニングコースにもなっているので、選手の姿を見ると、懐かしい気持ちになります。
その球場周辺は、一帯が総合公園になっており、週末は多くの子供連れの家族が遊んでいます。
また、水族館も近くにあり、ファミリー層にとってはとても過ごしやすい環境です。
しかも、都心までのアクセスも良く、通勤にも便利です。

このような光景を見ながら、人が住環境を選ぶ理由って何?と考えています。
生まれ育った故郷だから?子供が伸び伸び過ごせる環境だから?通勤の利便性が良いから?
買い物できる施設が近くにあるから?など、様々だと思います。

「住めば都」と言いますが、私も昨年は四国にある人口6,000人の村に住みながら仕事をしていました。
今年は、大都市東京で過ごしています。
人の多さや施設の多さ、規模は全く異なる環境ですが、まさに「住めば都」。
どちらも私にとってはとても過ごしやすい場所です。

このように、住まいのユーザーを創り出す企業として、その場に住みながら体験することで
気付くことも多くあり、これを今後の提案に活かしていきたいと思います。

ちなみに、来月から地元の少年野球チームのコーチをやる予定です。
ますます、野球三昧の日々になりそうです。
| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
「私」を選んでもらうということ
連日のように猛暑の報道がされています。
名古屋は、うだるような暑さです。

水分と塩分を補給して、熱中症には気をつけたいものです。


 

さて、今回は最近、モノを買うということの決め手に
「人」が影響するということを改めて実感したことがあったので、その話をしたいと思います。


デパートの化粧品売り場に行った時のこと。

口コミで高評価だったり、
ネットの情報でいいなと思ったりした
ある化粧品のコーナーに行きました。

そこは、比較的空いていて、
私が行くと販売員の方が出てきて対応していただいたのですが...。

笑顔ひとつなく、
自分は即テーブルに座り、
その前に早く座れと言わんばかりの態度。

なかなか行かないところで、
少し緊張もしながら、
背伸びもしてそのコーナーに行った私は、
そこで心が折れてしまいました。

席に座ることなく、丁重に断り、その場を立ち去りました。


そして、何気なく次のコーナーに向かったのですが、
そこの販売員の方がとっても良かった!!

素敵だと思ったポイントは、以下の通り!
自然な笑顔で話かけてくれたこと
私のニーズに合わせて、色々と商品を紹介してくれたこと
紹介の仕方も押し付けがましくなかったこと
説明が専門用語ばかりではなく、分かりやすかったこと
常にどうですか?と感想を聞いてくれたこと
使い方まで詳しく教えてくれたこと
何を聞いても嫌な顔をせず、笑顔で答えてくれたこと
雑談が楽しかったこと
などなど...


そんなこんなで、買う予定のなかったものまで、
いいなーと思った上で、買ってしまいました(笑)


営業をやっている以上、
お客さんにいいなーと思ってもらい、
お金を払ってもらわないといけません。

広告は、これと決まったものがあるわけではなく、形のないものだと思っています。

形のないものをいいと思って買ってもらうこと...。

そのためには、お客さんに寄り添う必要があると
改めて実感しました。

同じものを買うなら、
同じことをやるなら、
一緒に仕事をするなら「私」と一緒にしたい!
と思ってもらえるような人になりたいと思います。

そのためには、知識もまだまだ足りないことだらけです。
できるところから、でも着実に、精進あるのみですね!

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
夏を楽しむ暮らし
こんにちは。首都圏本部のS.Oです。

この三連休も驚くほどの暑さでしたが、皆様お元気でしょうか。

暑いと外に出たくなくなるものですが、それは住宅購入者であるお客様も同じです。
夏の暑い時期はマンションギャラリーや戸建ての販売センターへの来場が減り、
購入される方も少なくなってしまいます。

そこで、私達代理店は色々な策を提案し、どのようにしたらお客様に来ていただけるか考えています。
最近、私が提案したのは、
夏休み期間に、戸建ての分譲地にアウトドアブランドが監修したモデルハウスを作る
というものです。

この分譲地は、駅から遠いものの
庭が広く、家族で芝生の上でBBQを楽しむことや、
テラスを使って屋外で夕食を楽しむことができる場所でした。
このメリットを活かすために、
アウトドアブランド監修の企画を提案し、
お客様にどんな夏の暮らし方ができるかをイメージして貰おうと考えました。

この企画は7月中旬に開始して8月末まで行い、
夏の暑い時期でも物件に興味を持って
来場いただける企画にしたいと考えています。

まだ結果が出ていないのでドキドキしますが、
よい結果が出てお客様にも売主様にも喜んでいただきたいと思っています。

| カテゴリ : 営業 S.O |  |
変化をたのしむ
ワールドカップもいよいよ決勝カードが決まりましたね。
残念ながら日本代表はベスト16で姿を消すことになりましたが、
白熱した試合や、それまでの経緯などから非常に楽しませてもらいました。
長く日本代表を支えてきた長谷部選手や本田選手が今回を機に代表引退となり、
これから新しい世代が日本代表を担っていくことになります。

どんな選手が活躍するのか、新しいサイクルが始まるこれからが楽しみです。
住宅購入に目線を向けると自分がこの業界に入った当初と今とでは、
住宅に求めるニーズも購入に至る理由も少しずつ変わって来ています。

家族を持ち庭付き一戸建を購入する事が当たり前だった時代から、将来的な
資産性も考慮し1LDKマンションを購入し、家族が出来たら賃貸、もしくは売却し、
3LDKマンションや、一戸建を購入。子どもが巣立ったらまた、便利な場所に
マンションを購入するなど、一生の住まいから暮らし方に合わせ、その時々にあった
住まいを選択する人たちが増えてきています。

この業界に携わって長くなってきましたが、自分自身も新しいものを吸収し
固定概念をなるべく持たず、新しい目線で仕事が出来るよう変化を楽しんで
いきたいと思います。

| カテゴリ : 営業 Y.F |  |
刺激的な私の日常
こんにちは、名古屋本社のE.Sです。

 

我が家には6歳の娘と、2歳の息子がいるのですが、

めきめきとパワフルなやんちゃ坊主に成長している息子の姿に、

娘が同じくらいの年齢の時には感じなかったこと、

気づきもしなかったこと、驚くような出来事に、

日々見舞われています。

 

例えば、お買い物。

娘はもっと幼い頃も、手を繋げば付いてきてくれ、

ハンドルの付いた楽しい買い物カートに乗せればいつまでも遊んでいてくれましたが、

息子は違います。

手は振り払い、カートはベルトを外して脱出し、

見知らぬおじさまの手をとって宇宙語で話しかけて、ニコニコ。

バナナを抱えて走り抜けて警備員さんにつかまって、ニコニコ。

 

例えば、お家遊び。

娘はブロックなら積むこと、クレヨンなら描くことを、

できなくてもできないなりに一生懸命やろうとし、それを楽しんでいましたが、

息子は違います。

ブロックは家具という家具に投げつけ、放り投げ、ニコニコ。

クレヨンは、うーーん、色味が美味しそうなんでしょうか、

ハムハムと口にくわえてみては、ぺ!と吐き出す、を繰り返しては、ニコニコ。

 

とにかく愛想の良い息子は、常に楽しそうなのは何よりなのですが、

見知らぬ男の子に突然手を握られたおじさまも、警備員さんも、それはそれはオロオロされていましたし、

我が家のテレビの液晶は一部損傷、まるで星空のように黒い点がいくつも画面上に出たまま消えません。

 

そんな彼との毎日は、まるで異国の方と異文化交流をしているかのようで、

良い意味で、新鮮で斬新。

そして発見に満ちた日々を、いつも過ごしています。

 

そしてそんな宇宙人息子の姿を見ていると、

子どもが本能的に興味を示すもの、心を動かすもの、

逆に警戒するもの、遠ざけようとするものの傾向にも新たな発見があり、

今まで気づかなかった物事の良いところ、

逆に、もっとこうならいいのにな、と思うこともたくさんあり、

新しい価値に気付かされる、きっかけを与えてもらえたりもします。

 

大人になると、今まで生きてきた中での価値観や固定概念の中でしか

物事を考えられなくなることも多いかと思いますが、

こうやって私の価値観なんて関係なく、

どんどんと壁を壊して新しい世界を見せてくれる存在が居てくれることに、

感謝しなくてはな、と思います。

 

さて、明日は、どんなびっくり行動をしてくれるか、

今から、わくわくドキドキ受け止める準備をしようと思います。


| カテゴリ : 営業 E.S |  |