IBクルーブログ 日々奮闘するIBクルーの日常をご紹介!

星のおはなし

初夏の日差しが和らいで過ごしやすくなる時刻、空を見上げます。

 

ベガ、アルタイル、デネブと言えば

夏の大三角と呼ばれ七夕伝説に縁の深い星たちです。

 

天の川の西と東

光の速さでも16年はかかるほどに、離れ離れになった織姫と彦星が1年に1度だけ逢える、

というストーリーは皆様もよくご存知かと思います。

 

月の船に乗って会いに行くパターン、カササギ(デネブ)がどこからともなく現れて橋を架けて

天の川を渡るパターンなど諸説あります。

 

そんな夏の星のお話と重ねて...

 

先日、鉄道沿線のプロジェクトにて竣工記念のイベントをマンションの敷地内で実施いたしました。

 

ファミリー向けにパトカーや白バイを呼び、記念撮影会

 

街の商工部会の方々に協力いただき地元店舗のマルシェ

 

マンションとしては大抽選会を行うなど内容盛り沢山の1日。

 

地域の方に愛される物件になる様に...というクライアントの趣旨に沿って、

私もこの街の事をとことん調べ、沢山の方々に出逢う事ができ、地域を巻き込んだ

イベントの実施に至りました。

 

屋外イベントでしたので、実施日までは天気予報との睨めっこ。

当日は準備中小雨が降りましたが何とか持ち直し、お天気の神様も味方してくれました。

(片付けのタイミングでスコールのような豪雨!)

 

シニア、ファミリー、中には三世代で、沢山の方にご来場いただき、「ついに出来ましたね」

「素敵な外観」「いつから入居出来るの?」など、私にとっては普段関わりの少ない

エンドユーザーの皆様とお話する貴重な機会となりました。

 

弊社の事業コンセプトには

Housing Client Developer(住まいのユーザーを創る)」がございます。

 

夏の大三角、デネブ()のように...と大それた事までは言えませんが、

クライアントの皆様と、

その顧客であるエンドユーザーを繋ぐ"架け橋"となれる様、今後も地元深耕・密着型の実りある

プロモーションをご提案出来ればと存じます。

 

みなさまは七夕の夜空に

どの様な祈りを捧げるのでしょうか。

 

本社営業のKでした。

| カテゴリ : 営業Y.K |  |
魔法のステッキ

先日梅雨入りが宣言されたかと思えば、すでにうだるような暑さが続く昨今。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

私はと言いますと、連日の暑さからやっとハンディファンを購入いたしました。

もう3?4年前から女子高校生?大学生を中心に流行しておりましたこの扇風機ですが、

存在は知っていたものの、なかなか手を出せずにおりました。

夏は暑いもの。

「風を起こす道具とはいえ、真夏の熱気では温風が来たところであまり変わらない。」

そう思っておりました......。

 

しかし、実際に使用してみると快適快適!

休日の野球観戦はもちろん、朝の通勤電車でも重宝しています。

さらには、回転台座なるオプションパーツも購入したところ、卓上扇風機の役割も果たしてくれ、

魔法のステッキ状態です。

 

ハンディファンの発祥は中国?韓国周辺の大陸アジア圏と言われおります。他にも、化粧品や、美容、

ファッション等、特に女性に対しての需要がある物の多くが大陸アジア圏から電波する事が多く、

最近はナチュラルホワイトで家具を統一する韓国インテリアも流行の一つとしてSNSで話題になっています。

以前は、女性の欲しいものがあっても、一度男性の手に渡って少し形を変えて市場に提供されていました。

今では、女性が欲しかった物が、女性の手を通って本当に欲しい姿のまま市場に提供されている現状は

とてもうれしく、また働く女性の一人としてとても誇らしく思います。

 

最近では、女性の不動産購入も増えてきており、また、広告自体も女性をターゲットにした物も多く存在します。

私も一女性として「今までの不動産広告」の枠にとらわれない提案をしてけるよう引き続き精進してまいります。

 

芝が青々と伸び、空の高さを感じる季節になってまいりますが、

今年は魔法のステッキで乗り切っていこうと思います。

皆様もお体ご自愛ください。

| カテゴリ : 営業C.O |  |
1/2成人バースデー

こんにちは、本社のSです。

 

私事ですが、

先日、長女が10歳のお誕生日を迎えました。

 

これまでもお誕生日が来るたびに、

あの小さかった子がもうこんな歳になるなんて、、、と想いを巡らせておりましたが、

10歳、というのは、またこれまでとは少し違い、

娘にとっても私たち親にとっても、ひとつの節目を迎えたように感じています。

 

愛知県内の特定の地域に限ることかも知れませんが、

1/2成人式」として10歳をお祝いする風習があり、

ここ数年はコロナ渦の影響で開催が見送られ、開催する小学校も少なくなっておりますが

例年、小学校行事としても「1/2成人式」が開催されてきました。

 

その行事を知っているからこそ余計になのか

娘が10歳になったことも、

私自身が子育てを始めて10年経ったということも、とても感慨深く、

毎日ただ笑って過ごしていただけではなかった10年間ですが、

とにかく、今彼女が心身共に健やかに成長してくれていることに、改めて感謝致しました。

 

10歳ともなると、もう立派な一人の女性、私と同じような感覚を持っていて、

自分のこともお家のことも、あれこれテンポ良くこなしていく娘の姿を見ていると

10年間の成長・吸収スピードの速さを感じ、関心するばかりです。

 

それと同時に、

私自身の成長は止まっていないか、少しでも進化できているかを振り返り

まだまだ前に進もう!と、気持ちを引き締めてもらっています。

 

ここからの爆発的な成長は難しいかもしれませんが、

いえ、私も負けていられません!!退化・停滞する訳には参りません。

 

長いようで短い子育ての期間を大切にしながら、

私自身も日々の細かな努力を重ねて、少しずつでも成長し続けようと改めて心に誓った

お誕生日となりました。

| カテゴリ : 営業 E.S |  |
梅雨間近です

こんにちは。

季節の移り変わりは早いもので、連日30度の真夏日と暑さに見舞われていますが、

熱中症など体調にはお気を付けください。

自宅周囲を散歩していると、この間まではつつじが満開でしたが、最近は紫陽花が

マンションの植栽を彩っています。

 

もうすぐ梅雨ですね。

来週あたりから本州も梅雨入りかというニュースを目にしますが、ここ数年は

記録的な豪雨被害に襲われる地域があり、いつ自分のもとに降りかかっても

おかしくないと感じます。

 

仕事柄ハザードマップを見る機会が多いですが、よく目にするのが

1,000年に一度の豪雨」を想定し、「洪水浸水想定地域」

というものが国土交通省より公表されています。

1,000年に1度?」ということは前に起こった時代はいつだ? 

1022年、平安時代まで遡ります。今から1,000年後は3022年。

そもそも地球はあと1,000年続いているのかなんて思ってしまいます。

 

ただ、「備えあればうれいなし」という言葉があるように、意識を持つことが大切です!

ということで、家の防災グッズの中身を見直してみようと思います。

 

皆さんもこの機会に一度見直されてはいかがでしょうか。

| カテゴリ : 営業 T.N |  |
最期のセリフ
お世話になります、営業のKです。

かの有名な発明家トーマス・エジソンは亡くなる前に、
「これからは電池の時代だ」と言い残したそうです。

こんな予言めいたものではなくてもいいので、自分も
今際の際に、あわあわなって焦るのはいやなので、
最期に言い残すセリフを今から考えておこうと思います。
そのためにもパクったほうが早いので、パクり候補を
本日は紹介したいと思います。


・「来世で会おうぜ」
ロバート・デ・ニーロ主演の「ミッドナイト・ラン」という
映画の中で、短い逃亡期間で友情を育んだ2人が、ラストの
別れのシーンで、デ・ニーロが言うセリフです。
原文は「See you in the next life.」
西洋に、「来世」という概念があるということが新鮮ですが、
このセリフは最期にふさわしいですね。

・「達者で」
メル・ギブソン主演の「マッド・マックス3 サンダードーム」という
映画のラストシーン、ティナ・ターナーのセリフです。
ターナーは悪役のボスで、メル・ギブソンに組織を壊滅させられた後、
に続くセリフです。
原文は、「Good-bye,soldier」、字幕では「達者で。」と訳されています。
江戸っ子感あるれるイナセな言葉です。

・「ひでぶ」
漫画「北斗の拳」で、雑魚キャラが主人公のケンシロウに、
やられるときのセリフです。
小学生の時に流行し、学校の男子が全員「ひでぶ」と騒ぎ、
大人たちに眉をひそめられた記憶があります。

どういう状況で、誰に看取られるのかを考えた時、
多少のバリエーションは考えておきたいですね。
一人の場合は、やっぱり「ひでぶ」でしょうか。
家族に看取られるなら、「来世で会おうぜ」でしょうか。
死ぬのが楽しみになってきました。

こんなラストシーンまでイメージしているセンシティブな
わたし(たち)に、ご発注お待ちしております。
| カテゴリ : 営業 K.K |  |
新入社員のご挨拶
初めまして。
本年度より入社しましたY.Yと申します。
よろしくお願い致します。

生まれから大学まで愛知一筋で過ごしてきたため、東京での仕事も私生活も
慣れない生活の続く日々です。

前向きに考えれば、今まで経験したことが無い体験を毎日しているのかな?とは思います。
特に不慣れなのが、初めての駅に行くことです。
地元の駅は上りと下りしかない1車線ずつ、快速止まらない、当然、出口も1つしかない駅だったので
都内の駅のスケールの大きさに日々震えています。
知らないところに出かけるたびに、
乗換案内アプリがなかった時代はどういう風に乗換していたんだろうな?と疑問に思っています。

仕事にも私生活にも早く慣れて、都会の駅を使いこなせることを目標に
1年目頑張っていこうと思います。
よろしくお願いいたします。
| カテゴリ : 営業Y.Y |  |
夏ですね!(困惑)

名古屋市中区、28

いや?もうすっかり夏ですね!

春はどこにいったんでしょうか。

 

この前の土日から一気に気温が急上昇し、

つい最近まで、軽く暖房入れたりしてたんですが、

先週末から思いっきり冷房モードに切り替え。

部屋に天井扇があるんですが、部屋があまりに蒸すので

回し始めました。いや本当もう夏ですよ。

 

というわけで、体感的に夏ですが、

今日は4月12日です。新しい期が始まったばかり。

人が変わり、ミッションが変わり、色んな変化に

対応すべく、デリケートに丁寧に業務を進めています。

 

密度が濃い日々が続く中で、いきなりのこの暑さ。

体調を崩さないように気を付けたいと思います。

みなさまもご自愛くださいませ。

| カテゴリ : 営業 T.H |  |
追憶の故郷

いつもお世話になっております。

名古屋本社営業のKです。

 

突然ですが皆さまには

"故郷"と聞いて思い浮かべる場所はございますか。

 

横浜駅相鉄口の五番街を抜け、ナンパ橋、若者の店が集約されたビブレを過ぎると、

そこにはかつて、昭和レトロもレトロな市街地住宅が佇んでいました。

 

駅徒歩3

11階建、1DK2DK 240

 

喜多方(福島)生まれの母が若かりし頃「もう寒いのも雪かきも御免!」と地元を飛び出し

都会に魅了され選んだ住まい...

そんなご縁もあり私は生まれてから高校までの間、こちらで暮らしました。

 

コの字型の3棟から成り、最下部は吹き抜けの中庭に。

都会の真ん中にこのような広場がある事は住人しか知り得ない不思議な空間でした。

人工芝のテニスコートと様々な大型遊具が設置され、敷地中を使って

ドロケイ(警察が泥棒を捕まえて牢屋に入れるあの遊び)をしたり、缶蹴りをしたり。

子どもも沢山いましたので毎日がイベントの様でした。

 

当時は年頃になってプライバシーの欠片もない2DKという間取りに不満を抱えながら

暮していましたが、今、目を瞑れば蘇るのは愛しい記憶ばかり。 

 特に真夜中、親に内緒でコソコソとFM yokohana84.7を聴きながら、航空障害灯の赤ランプと

不規則に灯るフロアが織りなす、ランドマークタワーの明かりを夜通し、眺めるのが好きでした。

  

今は打って変わって、おじいさんの迷子の町内放送が流れるような愛知県郡部に住んでおります。

 

電車は単線1時間に2本!

区役所ではなく町役場!

町の至る所に鎮座するお地蔵様!

すれ違う人だいたい友達!!

 

 

昔ながらのお祭りでは沢山のお馬が家の目の前を闊歩したり、夏になると毎夜、町の若者が集い

太鼓や笛の練習をしたり、隣近所の方から「野菜あるんだけど持って行かない?」と声を

掛けていただいたり。

住めば住むほど味の出てくる、思った以上に賑やかなこの町の暮らしを楽しんでおります。

 

 「住めば都」とはよく出来た言葉だなぁ...と。

そして住宅と人生は切っても切れない縁だと感じる今日この頃です。

 

住宅不動産広告を扱う者として、物件自体の素晴らしさはもちろんのこと、その土地に住んだつもりで

街の良さ、住みやすさ、暮らし方などを深堀しエンドユーザーが行動を起こすきっかけになるような

アイディア・コンテンツを盛り込んでいきたいと思います。

 

 ※故郷は取り壊しが決まり2023年秋に商業施設、住宅棟からなる22階建のビルに

生まれ変わるとのこと。

総戸数254

新たなストーリーの始まりです。

| カテゴリ : 営業Y.K |  |
スポーツサプリ
こんにちは、本社営業のSです。

皆さま、スポーツはお好きですか?
私は小学生の頃から大学までバスケットボールをしていました。
県を代表するような強豪校ではありませんでしたが
とは言え、練習量はものすごく
きっと運動をされていた方は皆さん同じようなご経験をされていたことと思います。
私自身も、バスケットボールを通じて色々な面を鍛えられ、喜びや挫折、成功や失敗など
色々な経験を重ねました。

子どもが産まれてからも、年に数回ですが、大学時代の友人たちとバスケをする機会があり
そこに娘を連れて行ったことがきっかけになったのか
今、小学3年生の娘も、地元のクラブチームに入り、バスケを楽しんでいます。

低学年チームの今は、まだ細かなスキル面より、
バスケが楽しい、バスケが好き、練習して上手になりたい!
という気持ちを育てることに重きを置いているので、
練習自体には特別厳しいことはありませんが、
挨拶、コートや相手チーム、監督やチームメイト同士、サポートする保護者への礼儀などには厳しく
そういう面が、このクラブチームに決めた理由の一つでもありました。

もちろん、スポーツをする以上
上手くなること、レギュラーになること、試合に勝つこと
少しでも上を目指して到達することが目標になり
どこまでかは本人次第ですが、娘もいつかこれらを意識していくことと思います。
でもそれ以上に、
練習を通じた気持ちの面での成長や、チームメイトとの信頼関係など
娘にはスキル面以外の大切なことをたくさん学んでもらえたらいいなと思っています。

最近では、他の保護者の方々と一緒に、練習に参加させていただくこともよくあり、
男の子たちに1on1を挑まれては大人げなく対戦したりしておりますが
とにかくまっすぐに、スポーツを楽しんでいる子供たちに触れる度に
私も改めて、様々な面でまっすぐに全力を出せる自分でありたい!
自分自身の内側をもっと磨いていきたい!
と目線が上がります。

気持ちの面でも、身体の面でも、スポーツをすることが私自身のサプリになっているようなので
これからも、怪我をしない範囲で娘と一緒にバスケを楽しんでいけたらいいなと思います。

| カテゴリ : 営業 E.S |  |
オリンピックが終わって
こんにちは、営業のNです。
北京オリンピックが終わり、スノーボードやスキージャンプ、カーリングなど
スポーツ好きの私は大変堪能しました。
巷では「ロコ・ロス」という言葉が多く使われているとか。

2026年はイタリアのミラノ・コルティナで開催されるそうです。
4年後と考えると随分先という気もしますが、実際はあっという間に来ているのだろうな。
と思わずにはいられません。

日本へと目を移すと、とりわけ大阪はこれから2024年夏にうめきた2期の街びらきが控えています。
今年の4月からは、ついに北街区の分譲棟が着工します。46階・482戸のランドマークとなります。

さらには2025年には大阪・関西万博が開催されます。
テーマは「いのち輝く未来のデザイン」ということで人工島「夢洲」で開催され、
入場者数の予想は2800万人だそうです。

今はコロナの終息が見えない状況が続きますが、明るいニュースが次々とやってくるので
社会に勢いが出ると良いですね。


オリンピックを見て、選手の皆さんがこの場所にかける想い、集中力、達成感など、たくさん刺激を貰いました。
自分自身も精進し、磨きをかけていきたいと思います。
皆さま、ご発注をお待ちしております。


|  |  |