IBクルーブログ 日々奮闘するIBクルーの日常をご紹介!

広告づくりの現場から
ある物件でのお仕事の話です。この物件では苦戦しながらも地道に販売を進捗させていた物件で、今年の2月に竣工を迎えました。
しかしまだ残戸も多く、実物検討できる今後の販促戦略をどうするかが議題でした。

竣工後初めて、建物内の上階のモデルルームを見学させていただいた時、一番印象に残ったのがバルコニーから見えるリバーサイドの眺望でした。
リビングドアを開けてすぐにサッシュの向こうに広がる景色に目を奪われ、リビングを通り過ぎてバルコニーに出ました。出て思わず「おお...」と声が出て、「こりゃ毎晩、バルコニーに出て晩酌したくなるだろうな...」と思いながら、
ぼーっと風景を眺めていました。
そして改めてこのバルコニーから見えるこの風景こそ、この物件にとって他と差別化し得る唯一のポイントだと実感しました。

この物件では販売当初から今まで南側の川縁の眺望を売りとして、その風景を描いた外観CGをメインヴィジュアルとしてきました。ずっと同じ1つのヴィジュアルで広告をしていたわけです。

竣工後から、自分はバルコニーからの眺望写真をメインビジュアルとした広告を作成することを提案し始めました。絵柄は変わりますが、伝える事は全く変わりません。
さらには、建物が完成し、実物検討できる事はユーザーにとって明らかなメリットであり、眺望写真なら今までのメリットと併せて伝えられます。
「建物完成しました!この風景を実際の建物から見れます!是非ご来場を!」ということです。何と販促的で直球なメッセージでしょう。

しかし、最初の提案時は中々議題に上げてもらえませんでした。私の説明が下手だったのかもしれませんが、メインビジュアルについてはCGと同アングルの竣工写真が撮影出来た事でOKな空気となり、価格・告知・イベント・ノベルティの内容が重要議題でした。よって4?6月分の広告も今までと同じ絵柄のチラシとなったわけです。

6月になって、7月以降の新版面チラシを作ることになり、改めて眺望写真をメインとしたチラシを提案しました。予算も限られているので先方はカメラマンを使っての撮影に消極的でしたが、サービスで仮撮影をして写真を見せたところ目の色が変わり、即OKが出て制作させてもらえました。やっと納得がいく版面の広告が出来ました。結果はこれからです。

苦戦案件では、販促的な強いメッセージが重要となり、そちら寄りの議論にシフトしがちですが、1つでも他より光るモノをもっているなら、その武器をいかに活かすかを常に考えて広告提案していきたいと思います。

| カテゴリ : 営業 T.H |  |
ついにアカチャリ利用
いよいよ7月に入り夏本番といったところでしょうか。

こんな暑くなる季節にでも、
私は歩いたり、走ったり、ウロウロしたりするのが好きです。
ウロウロするならウロウロするところの事を、ある程度詳しくなりたいですよね?
だからなのか私はMAPを見るのも好きです。
ヘビーユーザーです。気づいたらMAPのアプリ開きます。
アプリを開いては、気に入ったり、気づいた場所にはチェックを入れます。
だからMAPアプリはチェックマークだらけです。

そこで、ウロウロするのに大活躍するアイテムを皆に紹介です。
 "アカチャリ"です。そう、電動アシスト付のレンタサイクルです。

先日、あるところから、あるところに向かう際、
MAPアプリを開いて、所要時間を調べました。

・電車→16分
・徒歩→17分

微妙だなと思ったその時、目の前のビルに"アカチャリ"駐輪場発見。
ついに初めて"アカチャリ"を利用。
そして利用した結果、

・自転車→7分!

利用するのに登録が必要なのですが、登録したのはかれこれ1年以上前です。
もう、利用してから味をしめてしましましたね。
めっちゃ楽です。ウロウロできます。風を切って都会を走り回れます。
そして、初めて利用した初日から二日間で5回利用しましたよ。笑
まだ都内の中心部がメインみたいですが、
全国のウロウロ好きの人のために、全国にこのシステム広がれ!
仕事でも、現地調査でも楽しくより快適にできるために、全国にもっと広がれ!
中国に負けるな!
と願うばかりですね。

| カテゴリ : 営業 R.K |  |
平日に見えたもの。
こんにちは。
管理本部のNKです。

まずは先週発生しました、新潟・山形地震で被害を受けられた皆様へ
謹んでお見舞い申し上げます。
1日も早い復興・復旧を心よりお祈り申し上げます。


先日、平日に振替休日を取りました。
1日地元で過ごしましたが、見慣れた場所や通りも休日とはなんとなく雰囲気が違います。
休日だとゲキ混みする交差点がスムーズに通過できたり、
これまた休日だとゲキ混みのスタバ(一応あります。。。)が空いていたりと、なかなか過ごしやすい。


一方、総合病院や地域のクリニックは朝から混み合い、駐車場は満車で車を停めるのもひと苦労、
予約をしていても診察までに1時間以上待つ状態。
高齢者や幼い子供を連れたママさんたちにとっては、なかなか厳しいだろうと想像できます。


年齢や家庭環境によって"住みやすさ"のものさしは違います。
表面的は情報だけでなく、住まう方々の目線で多面的に物事を観察していくことが
重要だと改めて感じた1日でした。

| カテゴリ : 管理本部 N.K |  |
相手の立場になって考える
こんにちは。
名古屋本社営業のY.Iです。

名古屋本社に移動してきて、はや4ヶ月が経ちました。
都心の便利さや街並みもとても気に入っていますし、
なにより友達が増え、充実した日々を過ごしています。

大阪の北部で育った自分としては、性に合っているのかもしれません。
また、お昼の落ち着いた雰囲気から打って変わり、独特な雰囲気の夜の名古屋が意外と好きだったりします。

さて、先週末のことですが、
大学の友人と会う予定があり、私が帰省していたこともあって友達と京都で会うことになりました。
待ち合わせまで少し時間があったので、以前から欲しいと思っていたTシャツを買いに行こうと、
そのブランドを取り扱っているセレクトショップに行きました。
目的のTシャツを見つけ、質問しようと店員さんの方を見ると、店員さん同士2人で私語をしながら
私には見向きもしません。
こちらから声をかけるまでもないと思い、すぐにその店を出ました。

店を出てから、ワンフロア下に以前から好きだったブランドのショップが入っていたので、目的もなく入りました。
すると男性の店員さんがすぐに「京都へお越しやす」と小ボケをかましながら声をかけてきたので、
「Tシャツが欲しいのですが」と伝え、結局40分ほどそのお店に滞在してTシャツを購入しました。

ものを買う人の立場から考えると、やはりそこで買うこだわりや価格などいろいろな理由があるとは思いますが、
結局は誰から買うか、その人が自分のことを考えて売ってくれているかを私は1つの基準にしています。

今後、お客様に対して、そしてお客様のお客様を創出する営業マンとして、ひとりの愛される人間になりたいと思います。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
メンズがメイクでイケメンに
毎日するメイク。
メイクは、好きだ。

目を大きくもできるし、鼻も高くなれる。
かわいい雰囲気も、きれいな雰囲気も自由自在。
天敵のニキビもシミもなかったことにしてくれる。
メイクは、なりたい自分になれるツールであり、
武装手段だ。



メイクといえば、やはり女性のものという、認識だと思います。


男性は、ニキビができても隠せないし
顔を小さく誤魔化すこともできないし...
大変だなーと思っていました。



しかし、今は男性もメイクする時代!
(になっていくのでは...?)


先日バラエティショップに行った際に
メンズのメイクコーナーが。

前々から、スキンケアグッズのコーナーはあったのですが
男性用のBBクリームや、コンシーラー。
アイブロウペンシルや色付きのリップなどなど。
女性顔負けの品揃え!

もちろん、男性用に、よりナチュラルに、
メイクしてる感がないようなものではありますが。

シャネルなども、メンズ用のスキンケアブランドを販売するなど、
メンズも、きれいを求めてもいい時代なのかと。



では、家は...というと、
水回りなどはやはり、女性が使いやすく...
と女性が主語であることが多いかと思います。

でも、共働き夫婦が増えてきたり、
主夫という選択肢も出てきたりと
変わってきています。

男性が使いやすいようなキッチンとか、住まい...
なんて考え方が出てくるときがくるかもしれません。


メイクというツールを使って、
なりたい自分になろうとするのも
住宅という空間で、
豊かな暮らしを送ろうと思うのも
みんな一緒ですしね。


今日も私は武装をして、
少しでも多くの人に響く広告を作るため
走り回ろうと思います!

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
変化を楽しむ
まだ6月に入ったばかりなのに暑い日が続きますね。
夏にはどうなってしまうのでしょうか?
熱中症などにならないよう水分補給など十分注意して健康には気をつけないと。

そんな暑い日が続くため、休日の昼間は家の中でテレビを見て、涼しくなった夕方から外出する事が増え
U-nextやHuluで映画や海外ドラマを見て過ごす時間が多くなってきました。
ネットだと好きな時、好きなだけ見られるので地上波ニュース、スポーツと特定のバラエティの録画以外は、
ほぼ見る事がありません。
テレビCMの広告費をネットが越えたかもしれないとニュースも出てましたが、確かにTVCMをほとんど
見なくなったと思い、広告との接点がここ数年で大きく変わってきているのが実感できます。
また、最近日用品などもネットの特売に合わせ、まとめ買いをするため、生鮮食品以外の買い物をする機会も
ほとんど無くなりました。
住宅もここ数年でネット広告が増え多様化してきました。
自分自身の生活の変化を振り返ってみてもそれは実感します。
そう考えてもユーザーの生活動線やネットワークに密着し、今までに無かった経路で広告を発信する
HCDの取り組みは面白いものだと改めて感じました。
これからもクラアント、ユーザー共に有益となるような企画を日々楽しみながら考えていきたいと思います。

| カテゴリ : 営業 Y.F |  |
病は気から
こんにちは、本社のE.Sです。
朝晩の涼しさが嘘のように、日中は真夏のような陽射しの強い日が続きますが、
皆さま、ご体調崩されておりませんでしょうか。

私は、小中高と無遅刻無欠席、各卒業式で表彰される程、
元気と健康が取り柄ですので、
体調不良というものにあまりなったことが無く、
年齢を重ねた今も、日々健康に過ごしています。

しかし、自分の子どもたちは、
自分の子だからと言ってそのあたりも全く同じ!
ということは無いようで、
気温差で熱が出てしまったり、お腹の調子が悪くなったり、鼻水が止まらなくなったりと、
体調を崩してしまうことも間々あります。

先日のGW明け初日も、まさにそんな一日でした。

GW中、小学校1年生になりたてということもあり、
あまり楽しく過ごしすぎないように気を付けてはいましたが、
家族で色々な所へ遊びに行き、充実した連休を過ごしていました。
その楽しかった連休が明け、
小学校登校初日の火曜日の朝のこと。
普段通りに6時に起き身支度を始めた娘の様子が、どうも元気が無く、
まさかと思い熱を測ってみると
予感が的中し、38.9℃の高熱。
慌てて病院に行き、色々な検査をしましたが
結局、何の感染症も見られず、
先生からも、「うーん、名前を付けるなら扁桃腺炎、といったところかな?」
という診断でした。
いまいち原因も分からないまま
とにかくその日は一日家の中で安静に過ごし様子を見ることに。

そして翌朝6時、
改めて検温してみると、相変わらず、38.5℃と高熱。
しかしその日は、娘の大好きなチアダンスのお教室があったので、
「このお熱だとチアダンスには行けないから、今日もお家でゆっくりしようか?」と
伝えると、
娘は突然目の色を変えて
「いやだ!チア行きたい!いちおう、学校のお支度する!お熱下がったら行かせて!」と
慌てて身支度を始めました。
そんなこと言ってもお熱があるんだから、と。
支度を進める娘に声を掛けつつ見守っていましたが、
登校時間の7時半になり、念のため、と、再度検温してみたところ
なんと驚きの36.5℃。
信じられず3度検温しましたが、何度測っても同じでした。
その体温計の数字を見るなり、
「やったー!行けるよね?行ってきまーす!」と元気に出発していく娘の姿に

ああそうか、これが噂の知恵熱なのか!
と、ようやく気付き、納得。

病は気から、とは言いますが、今回の娘はまさにその通り。
初めて見る娘の症状に、
気持ちだけで熱まで下がる元気があってよかったな、と思う一方で、
娘の状況をよく見て、考えて、充分なケアをしていかなくては、と、
驚きと共に色々な事を考え気付かせてくれた出来事となりました。

皆さまもどうか、ご体調にはお気を付けて。
気持ちもお身体も健康第一でお過ごしくださいませ。

| カテゴリ : 営業 E.S |  |
ワーママのひとり言
初めまして。
現在7歳と5歳の息子2人を絶賛子育て中のワーママK.Jです。
首都圏に入社してから早4ヵ月が経ちました。
前職は海外ウェディングに長く携わっておりましたので、業界を超えてまた一から脳みそフル回転??
少しは若返ったかしら?と勝手に思い込んでおりますアラフォーです。
日々の奮闘を世の中のワーママに共感して頂けましたら幸いです。

実は最近住んでいるマンションのちょっとした騒音トラブルに巻き込まれております。
元々共働きを考えて実家近くに住む??という事が大前提だったため、長男が産まれるタイミングで、
両親に勧められた中古分譲マンションを即契約したわけですが、夫婦地元ですし、環境も立地も申し分なく
全く不満も不安もなかったわけなんです。

ただ、有名大手企業のマンションとは言え、中古なので、今の最新設備や建築方法とは確かに程遠く(ふむ、やはり
住んでみてわかること)完璧な住まい選びって難しいのだなぁと、実感しております。

『住まい選びは一生のこと??』と言いますが、確かにその通りなんです。人生を重ねていくと、環境も変わり、自分も
歳を重ね、子供も成長して、十人十色でそれぞれの悩みが尽きないですよね。

私の親族は同じく騒音トラブルで分譲マンションから新築戸建てに住み替えましたし、近所の私の
両親世代の方は、戸建てから都心の新築マンションに住み替えました。
この仕事を始めるまでは気にもしていませんでしたが、結構住み替えする方多い??と、言うのも新たな気づきでした。

話しは戻りますが、そんなこんなで、私も改めて新しい住まいってどうなのかなぁ〜と、漠然と思い始めた
わけです。でもまだ全然購入を検討しているわけではありません。

はい、完全に潜在客です。どうしたら見込み客になるのでしょうか?笑
きっと同じ様に、それぞれ住まいの悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃるはず。
自身の悩み解決と共に、これから紐を解いていきたいと思います。

少しでも皆さまの気づき、納得、そしてお悩み解決が出来るように日々奮闘していきますので、
これからもどうぞよろしくお願い致します。


| カテゴリ : 営業 K.J |  |
令和の目標
令和の時代に突入しました。
世界情勢が大きく変化する時代ですが、特に日本は債務問題、人口減少、少子高齢化という難局
に直面し、どのような選択をし、どう乗り越えるのか世界中が注目しているようです。
そして私達は何を決断していくのでしょう。色々と目が離せません。

少子高齢化社会は日本の次にシンガポールが高いそうです。シンガポールと言えば昨年、
米朝首脳会議を成功に導いたあの国です。少子高齢化対策としての介護保険が非常に充実して
いるようなのですが、ベースになっているのが日本の介護保険だと。
それを上手く自国のライフスタイルに合わせています。

高齢者を介護施設にいれる習慣は低く、子供が面倒をみるというのが一般的で両親扶養法という
60才以上の自活できない両親にはその子に扶養義務があるという法律まであるそうです。
その結果、子供が親の健康にすごく気を遣うそうです。またずっと健康でいられると介護保険に
高い利子がつき、引き出せるというインセンティブもあると。凄い!健康でいるとメリットが多いと
いうことなのです。

基本となるのはやはり健康ですね。平成の時代も健康関連はとても大きな市場でしたが、令和の
時代では、健康管理はより一層拡大されていくのではないでしょうか。
私も3か月に1度は血液検査をし、定期的に臓器を検査しています。今までは大好きなお酒を飲む
為に健康管理していたところもあるので(私にとってはこれが大きなメリットだった)、お酒も控え
健康に気を遣う事を令和の目標にします。

| カテゴリ : 営業 M.M |  |
令和が始まる今、改めて考える「地元プロモーション・HCD」とは
皆さま、こんにちは。
首都圏のH・Nです。
 
平成最後のブログとなりますので、
改めて私たちが仕事としている「不動産広告・販促」という事を考えてみました。
 
他の消費財の広告と最も大きく異なるのが、殆どの商品が「土地=不動産」となることです。
 
不動産は文字のごとく、日本、都道府県、市区町村に根ざしたもので基本的には未来永劫無くなることは
ありません。
 
そのためプロモーション活動も「広範囲に行うもの」と「地元エリアに行うもの」と大きく二種類に分かれます。
 
広範囲のプロモーション(地元も含まれる)は、ここ数年でWEBの発達による、
ポータルサイトや口コミサイトなどの媒体が増え、それを軸にしたデザイン構築・コンセプト構築・
ターゲット設定を各物件ごとにマーケティング調査を基にして設定していきます。
ここは大なり小なりで手法が異なってきますが、基本的には「探している人へ広告を届ける」か「無作為に
届けるか」の選択となり、選定後は広告に携わる人間としては、微調整の作業しか出来ない状態になります。
(分かりやすく極端な表現ですが)
 
逆に、「地元エリアに行うプロモーション活動」は、その手法・タイミング・時期・広告代理店担当者によって
大きく成果が変わります。
それは広範囲が「媒体をつかった流しっぱなし」の展開で検索者の能動的な動き任せなのに対して、
「地元エリアプロモーション」は、こちらから働きかけ「受動的」に物件情報・物件メリットを掴んでいただくためです。
 
私たちインターブレインズは他代理店と違い、上記の「地元エリアへのプロモーション」=「HCD(housing client 
developer)活動」に大きく力を入れて、クライアント皆さまから評価いただいているのは、そのためです。
 
正直、ITの発展、情報を得る手段の多様化、情報の細分化が進んだ昨今では、
不動産に関わる広告は「地元」に対してプロモーション以外は差別化・独自化が出来なくなっている時代です。
 
実は、今年になってからナショナルデベロッパーが中心となって、「広域プロモーション離れ」が進んでいます。
それは流しっぱなしで「待つ」しかできない現況の広域手法に限界(費用面含めて)を感じて、
改めて「不動産」という特性を意識し、地元特化型の展開に切り替え始めたからだと考えられます。
 
平成が終わり、令和が始まるタイミングで、
私たちも時代にあった、「地元へのアプローチ HCDプロモーション」を更に進化・深化させて、
不動産に関わる方々、皆さまへ貢献できるように邁進してまいります。

| カテゴリ : 営業 H.N |  |