IBクルーブログ 日々奮闘するIBクルーの日常をご紹介!

教育費と住居費
皆さん こんにちは 営業のNです。

子どもがこの春から中学1年生となりました。
1学期も中間テストが終わり、今月末から期末テストが始まります。
先日帰宅した時、妻から夏期講習の費用を聞かされました。
費用が何と5教科で一人1●万円! 
入学前の制服代にもびっくりしましたが今度は塾の費用に驚きました。

私が中学生のころ果たしてそんなに高かった?一人っ子が増え、客単価が上がったのか?
自身の記憶にはないのですが、それにしてもなかなかの費用だと感じるのは私だけでしょうか。
中学、高校とこれから教育費は更に右肩上がりになっていきます。

子育て世代にとって教育費は住居費とともに費用が掛かるもの。
色々なシミュレーションでかかるものはかかると分かっていても、いざ突きつけられると
逃げられない現実がそこにあります。
小学校から中学校に上がると、右肩上がりのグラフの上げ幅が急激に変わっていくことに
必死についていく今日この頃です。

先日雑誌で郊外の普通停車駅 駅近物件が見直されていると報道がありました。
特急、快速停車駅の一つ隣の普通停車駅などです。
テレワークが浸透し、必ずしも毎日の通勤が必要としなくなった昨今の事情では
都心から郊外に移る理由として、上記のような子育て世代の教育費と住居費のせめぎあいも
加わっているのではと実感しました。

| カテゴリ : 営業 T.N |  |
今日の行動
初めまして。
本年度より入社しましたT.Iと申します。
よろしくお願い致します。

「5年後の自分の姿は今の自分の姿」

ちょうど昨日上司が仰っていた言葉です。
今手を抜いたり立ち止まっていると、5年後の姿も結局そのまま。
一日の結果を見るのではなく、5年後、10年後の姿を想像して、今できることを全力で行う大切さ。
毎日どんなに小さなことでも、1歩1歩前進できるように意識していきたいと思います。

毎日が新しい体験の連続で、月日の流れが比べ物にならない程早く感じております。
有限な時間を大切にして、日々を送っていきたいと思います。
1年目らしく失敗を恐れずに行動していきたいです!

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

| カテゴリ : 営業T.I |  |
メゾネットライフ
現在、メゾネットタイプの部屋に住んでいます。
いわゆる中2階的な空間がある間取りなわけですが、
人生で初めての生活体験でありました。

最初は、「暮らしてみると面倒くさくなって、
中2階は使わなくなって、倉庫化したりするのかも...」
などと思ったりもしましたが、住み始めて5か月経ち、
いい感じで在宅タイムを過ごせております。

中2階空間を寛いだり、寝たりする場所。
1階リビングを、朝の準備、夜の食事や軽い運動する場所
という感じにしています。
在宅時でも「ONとOFF」のモードがあると思いますが、
空間ではっきりとゾーニングされていて、自動的に
ONとOFFのメリハリが効いた過ごし方が出来る感じです。
こういう間取りの方が自分には合っている気がしました。

改めて「間取り」は、毎日の暮らしのリズムやスタイルを
つくるプラットフォームであることを再確認してる感じです。
| カテゴリ : 営業 T.H |  |
勇気は一瞬、後悔は一生
初めまして。本年度より入社いたしましたKHと申します。

怒涛の日々を過ごしているうちに、気が付いたら入社から一ヶ月が経過しておりました。
月日の流れというのは本当に早いなと改めて痛感する日々です。

社会人になり改めて大事にしていきたいと感じたのが
「勇気は一瞬、後悔は一生」
という言葉です。私の座右の銘でもあります。

この言葉通り、後悔は一生涯付きまとうものです。
私は今までの人生の中で「勇気を出した瞬間」はほとんど記憶に残っていないのに対し、
「後悔した瞬間」はいつまでも鮮明に覚えています。
幼少期に経験した小さな後悔でも、未だに忘れられずにいるほどです。

後悔しないためには、何事も勇気を出して実行に移してみる。
もちろんその結果が必ず良いものであるとは限りませんが、
後悔で得た結果と、勇気で得た結果価値は一目瞭然です。

社会人の一員として、今後もこの精神を忘れずに日々の業務に
取り組んで参ります。

| カテゴリ : 営業 K.H |  |
2年目社員のつぶやき
花の盛りも過ぎ、初夏の気配が漂う季節となりました。その後いかがお過ごしでしょうか。
早いもので、私が入社してから1年が経ちました。
1年で学んだことを生かし、一層気を引き締めて皆様のお手伝いをさせて頂く所存です。


前回のブログでもお話ししましたが、動画を目にする機会がますます増えたのではないでしょうか。
SNSの発展もあり、動画の影響力は日々強まっているように感じます。


私の個人的な本年度の目標として、動画編集をできるようになる、というものがありまして日々勉強中です。
社内からYoutuberが誕生する日も近いかも...?

動画制作は奥が深く、日々新しい発見があります。
撮影の重要性、音楽のタイミング、映像のつなぎ合わせ方等々、
細かい気づかいやこだわりによって作られていると感じるようになりました。

2年目も画制作のような細かい気づかいを忘れず、
物件に込められたこだわりを伝えられるような広告作りをしてまいりますので、
ご発注をお待ちしております。

| カテゴリ : 営業 K.T |  |
最大限の努力で少しの成長
お世話になっております。

営業のY.Iです。

3月より新天地で絶賛奮闘中の27歳ですが、今年も全力で邁進してまいります。


「最大限の努力で少しの成長」

高校3年生の春、最後の夏の大会を2か月後に控えていた際に、主将として結果が出ていなかった自分へ

当時の野球部の監督がかけてくれた言葉です。

当時は、理解できずにいましたが、今思えばこの言葉には「結果でチームを引っ張りなさい」

「努力は必ず実る」という言葉が隠れていたのだと思います。


仕事でなかなか活動に出られない監督でしたが、

誰よりも早く来て朝練をしていた姿、誰よりも遅く残って走り込んでいた姿を

陰ながら見てくれていたと感じました。


新天地で突き進むしかない毎日ですが、自分なりの最大限の努力をして結果に結び付けたいと思います。

半年後には、1年後には、5年後には思い描いた自分の姿になれるよう、日々の努力を忘れずに

邁進してまいりますので、今後とも宜しくお願い致します。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
完成形・実物を見るとやっぱり違う!
私が東京に異動をしてきて早いもので1年が経ちました。
その異動してきたときから携わってきたマンションが竣工をしました。

途中参加ではあるものの、
コロナ禍の緊急事態宣言の中で準備をし、
慣れないオンラインの会議に四苦八苦をし、
といつもと違った大変さを味わいつつ進めていました。

そんなマンションが、ついに完成。

まだ中に入れず、外観のみなのですが、完成したのを見たときは感動!

毎週の打ち合わせで、契約の状況等を聞いていたので、
実際に住む人がいることはわかっていたのですが、
実物を見るとそれがより現実味を帯びてきます。

こんな風に、携わってきたプロジェクトの竣工の場面は、
いつ何度味わっても感慨深いです。
こだわっていたあの箇所は、実際はこうなるのか!
パースのアングルはここか!
図面ではわかってなかったけど、ここいい!
などなど、今までのやり取りを思い出します。

今、私は竣工が先のプロジェクトにも携わっています。
実際に工事をされている現場の方、設計の方、売主の方、販売の方、
そして、広告代理店である私たちをサポートしてくれるデザイナーの方々、などなど。
私が知らないだけでもっと多くの方が関わってらっしゃるかと思います。

営業という立場上、売上とか利益とか数字の部分はもちろん大切です。
ただ、そこだけにこだわるのではなく、
そういった方々の想いを伝え、
1人でも多くの方に建物の、プロジェクトの良さを伝えられるような、
そんな仕事をしていきたいです。
まだまだ精進あるのみですね!

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
さくら道

オフィスビルの角に不意に現れる大きな桜、

綺麗だなぁ...と思っているうちに

若葉が芽吹き始めました。

 

毎年この時期になると

我が家で話題に上がる

『さくら道国際ネイチャーラン』

 

主人は過去に数度、この大会に出場しています。

 

走るのが好きとは知っていましたが

「名古屋城から金沢兼六園まで250km走ってくる」

(制限時間36時間)

と初めて聞いた時には、俄には信じ難く

超長距離を独走するランナーたちを魅了する理由が知りたくなりました。

 

 

かつて旧国鉄バスの車掌だった故・佐藤良二氏が、御母衣ダム工事で水没する

山寺の樹齢400年を数える桜の古木が移植され、

見事に蘇ったその生命力に感動したことから、自らのバスが走る道沿いに

桜の苗木を黙々と植え続けました。

 

乏しい蓄えを注ぎ、少ない休暇を使い2,000本に到達する頃、

病に倒れ、志半ばで力尽きました。47歳の短い生涯でした。

 

 

「この地球の上に、天の川のような美しい花の星座を作りたい。

花を見る心がひとつになって、人々が仲良く暮らせるように。」

 

 

太平洋と日本海を繋ぐ、このさくらのトンネルを走り抜けることで、

佐藤氏の遺志を継いでいこうと言うのが

大会のコンセプトだそうです。

 

佐藤氏がこの取り組みを始めたのが、

ちょうど私の年齢の頃。

「人の喜ぶことがしたい」

という信念で、後世にまで語り継がれる

取り組みとなったこと。

 

壮大なロマン...利他の精神は容易く真似出来そうにありませんが、

私も「お客様に喜ばれる仕事」

更にはその先にいるエンドユーザーが

笑顔で暮らしていく姿を想像して、日々の業務に励んでいきたいと思います。

| カテゴリ : 営業Y.K |  |
年齢のハナシ
いつもお世話になっております、営業のKです。

柄にもなく、竹内まりやの「人生の扉」を聞いて
寂しくなってきた今日この頃ですが、
最近の若い人のご両親の年齢を聞くと自分と
同世代の方が多くなり、さらに寂しさが募るようになりました。

今回はあの時あの人は、いくつだったのかをレポートして
みたいと思います。

「あぶない刑事」の舘ひろしと柴田恭兵
1986年に放映が開始されたTVです。
主人公のタカとユウジが横浜を
マツダのルーチェでドリフトするに憧れた
記憶がありますが、この時なんと、
舘ひろし=36歳
柴田恭兵=37歳
でした。渋いのか若いのか、記憶が混乱してきそうです。

映画「シャイニング」のジャック・ニコルソン
1980年放映のホラー映画ですが、精神が破壊されていく
主人公のジャック・ニコルソンは43歳。
この年齢で、この狂気あふれる芝居を見ると
まだまだ狂気が足りていない自分がふがいないばかりです。

松田優作・死没の年齢
自らオーディションを受けた遺作となった映画「ブラックレイン」。
撮影後、がんで亡くなりました。
病気をおして撮影に臨んだそうです。
大阪の街でマイケル・ダグラスとアンディ・ガルシアをバイクで
追いかけるあの迫力が私には一切足りないことに気づかされます。

当時はえらく年上に見えた方々も同じ世代もしくは年下だったりします。
年齢はひとつの指標かもしれまんせんが、接している人の印象に
よって大きく変わりそうです。

弊社のスローガンには、"若い者主義"というものがあります。
実年齢とは別に、若さも、老獪さも、狂気すらも自分次第で
手に入れることができるようになりたいと思います。

そんな実年齢を無視しているわたし(たち)に、
ぜひご発注をお待ちしております。

| カテゴリ : 営業 K.K |  |
春眠暁を覚えず
春眠暁を覚えず、処々啼鳥を聞く
夜来風雨の声、花落つること知る多少


中学生の時必ず習う漢詩『春眠』です。
同じく春に関しての句と言いますと、清少納言の「春はあけぼの」も有名ですが、
私はこの心地よい陽気と、花粉症の鼻づまりで清少納言のように早起きができないので、
此方の句の方がなんとも人間臭く風情があるなと感じる今日この頃です。

さて、なぜいきなり孟浩然の「春眠」引用したかといいますと、
ちょうど都内の桜は満開を迎え、首都圏本部のある日本橋付近は
どこもピンク色の花びらがちらほら舞っているからでした。
整えられた街並みは、人工的に作られたソメイヨシノの完璧な美しさと相性が良く、
山桜のような荒々しい生命力とは違う、つ崩れてしまってもおかしくない怪しさは、
自然には持ちえないはかなさをよく感じられます。

しかし、都心では鶯の声というものはあまり聞こえて来ず、
先日小平の方に赴いた時、久方ぶりに子供の声と鶯のホーホケキョを耳にしました。
都心のビルにも植栽を多く取り入れる事が多くなった昨今、
やはりに人には自然をみて癒されることがあるのだなと感じます。

また、特にこのコロナ禍で郊外戸建てに移り住む人も増えてきました。
山の稜線に紫の雲が細くたなびく様や、
鶯の無き声で目が覚めるその感覚を人間が思い出すのも、そう遠くないのかもしれません。


営業 C.O

| カテゴリ : 営業C.O |  |