IBクルーブログ 日々奮闘するIBクルーの日常をご紹介!

最大限の努力で少しの成長
お世話になっております。

営業のY.Iです。

3月より新天地で絶賛奮闘中の27歳ですが、今年も全力で邁進してまいります。


「最大限の努力で少しの成長」

高校3年生の春、最後の夏の大会を2か月後に控えていた際に、主将として結果が出ていなかった自分へ

当時の野球部の監督がかけてくれた言葉です。

当時は、理解できずにいましたが、今思えばこの言葉には「結果でチームを引っ張りなさい」

「努力は必ず実る」という言葉が隠れていたのだと思います。


仕事でなかなか活動に出られない監督でしたが、

誰よりも早く来て朝練をしていた姿、誰よりも遅く残って走り込んでいた姿を

陰ながら見てくれていたと感じました。


新天地で突き進むしかない毎日ですが、自分なりの最大限の努力をして結果に結び付けたいと思います。

半年後には、1年後には、5年後には思い描いた自分の姿になれるよう、日々の努力を忘れずに

邁進してまいりますので、今後とも宜しくお願い致します。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
生活必需施設を整理してみた
新年あけましておめでとうございます。
営業のY.Iでございます。
不穏な世の中が続いておりますが、皆様はどうお過ごしでしょうか。
私は、関東郊外に在住していることから移動が多く、特に週末には人との接触を避けるため
極力車に乗って移動をするようにしています。
そこで、自分にとってどこに住んでも生活に必要な施設を今回は整理してみようと思います。

コンビニエンスストア:最寄り駅、自宅周辺徒歩圏内であることは必須。郵便の受け渡し、
すぐに何か必要な時、24時間営業というのも含め無くてはならない存在ではないでしょうか。
主婦の方はポイ活と言って、コンビニエンスストアのポイントを貯めて、
お得に買い物をしている人も多いと聞きます。

スーパーマーケット:一人暮らしを始めてから、大体同じペース、同じものを買う傾向があると
わかりました。その商品が1円でも安いものを求めて車を走らせることも多々あります。

遅くまで受け取り可能なクリーニング店:最も苦労するのが、クリーニングの受け取りと言っても
過言ではありません。駅前にある店は遅くまで営業しているがやたらと高い。
ここのお店は安いが19時閉店など、安くて遅くまで営業しているお店はなかなかありません。
仕方なく車で15分程度かかる場所に今はお願いしています。

リサイクルショップ:ちょっとしたものを買うのに便利で、車ではしごしたりします。
掘り出しものを探すのにワクワクして楽しめます。郊外ならではですが、大型のチェーン店も
数多くあり国道沿いを走っていて見つけるとついつい入ってしまいます。

行きつけの美味しいお店:定期的にここは食べたくなるといったお店を探すのも楽しみの一つです。

その他:スポーツジム(市営)・・・月額ではなく1回分だけ払って使用可能。
バッティングセンター・・・ちょっとした運動不足解消に便利。
百円ショップ・・・一人暮らしの味方。家で使うものは大体揃います。
ガソリンスタンド・・・1円でも安く、洗車もできるところがベスト。ポイントも貯まりやすい。

などなど、当たり前のものが多いですが、それぞれのライフスタイルによっても変わってくると思います。
自分が生活することで新たな発見をして、住宅購入を検討している方にその魅力を伝える。
広告というのは、そのような人にとって無くてはならない存在。
自分自身も、お客様のために無くてはならない存在になれるよう、日々邁進して参ります。

本年も宜しくお願い致します。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
"考え"身体で表現すること
お世話になっております。
首都圏本部営業部のY.Iでございます。

コロナ禍の昨今、まだまだ油断が許されない状況ではございますが皆様どうお過ごしでしょうか。

私は、最近もっぱら趣味である草野球に熱中しております。
感染対策を徹底し、集合時に検温と体調確認。試合開始時の挨拶はソーシャルディスタンスを保つために、
両チームはベンチ前で整列するなど対策をしながらの実施です。

インタ―ブレインズに入ってから叩き込まれた「相手の立場になって考えること」「相手がどう考えているかを
考えて行動すること」が草野球でも活かされています。

直近2試合の打率は、0.600。とても調子が良いです。
要因を考えてみると、その時の試合の状況によって対応できているからだと思いました。

ちょっと専門的な話になりますが、例えば昨日の試合。
場面は4点ビハインドの最終回2アウト2,3塁で私の打席。
初球は変化球が低めに外れてボール。
ピッチャー心理として、これ以上塁には出したくない、ストライク先行でバッターと勝負したい。
そう考えた私は、次のボールはストレートでストライクを取りに来ると読みました。
見事に的中し、真ん中のストレートを痛打し2点タイムリーツーベースとなりました。

このように、状況を把握し相手の考えを先読みすることで準備でき、対応することで結果が生まれます。

お客様から必要とされる営業マンになるために、お客様の考えを先読みしてご提案につなげて参ります。
この野球の好調子を仕事でもつなげていきたいと思います。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
海外道中膝栗毛
お世話になっております。
首都圏本部営業部のY.Iでございます。

間がコロナ禍の中、外出自粛が促されどこにもいくことが無くGWが過ぎ去りました。
本来であればGW期間中、弟の留学先であるカナダバンクーバーへ行く予定でした。
非常に残念です。


そこで今回は私が今までに行った海外とそこでの出来事を紹介させていただきます。

1.アメリカ合衆国:グアム諸島
当時16歳、高校2年生の春でした。
人生初海外。
私の高校はコースによって、男子のみと共学に分かれておりましたが、
私は男子のみのコースでしたので、男だらけの集団行動で初海外。
宿泊先のホテルで、女子大生とバレーボールをしたのが一番の思い出です。

2.大韓民国:釜山
大学4年生最後の卒業旅行。
0泊2日でひたすらカジノに入り浸るというクレイジーなツアーでした。
海外がとても身近に感じられた旅行でした。

3.ベトナム:ホーチミン
大学院1年生時、初めての国際学会。
英語での研究発表でしたが、原稿棒読みで足ガクガクなのを今でも覚えています。
街並みは古き良き東南アジアと高層ビルが建ち並ぶ異様な光景でした。
工事現場の仮囲には、日本企業の名前も多数見られました。


海外に行くというのは、海外から日本を見るという意味でも非常に意味のある行動だと思います。
次回は皆様をヨーロッパツアーへお連れします。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
マイホーム15年計画
住宅に関わる仕事をして早2年が経過します。
すると、エンドユーザーの気持ちになって、MRを内見したり、周辺環境を見てみたりします。

私は、関西北部の農村地で生まれました。
実家は、かなり敷地が広く平屋を増築した一軒家です。
全ての仕切りを閉じて部屋にすると、12LDK+納屋+蔵。
もう築70?80年は超えているでしょうか。
広いのは良いですが、デメリットもあります。
夏には外と同じくらい虫がいるし、冬は外より寒いのではないかと思うくらい部屋の中が温まりません。

そこで住宅に携わっている私と、実際に住宅を販売している不動産会社に就職した弟とで
ここに新築を建てようと計画しています。
まずは母の希望を叶えること。

ヒアリングはまだですが、
家事に苦労しているのをいつも見てきました。
広くてあちこちで掃除機のコンセントを繋ぎ直して、
洗濯は家の裏で回して、表まで運んで干して。
家事の導線をスムーズにしたコンパクトな2階建を1棟建てて、
後は日本家屋を基調とした平屋にしたいと私の中で勝手に思っております。
あと、私は車が好きなのでガレージは欲しい。

全員の希望を叶えることは難しいでしょうが、これから時間をかけて
夢のマイホームに向けて計画していきたいと思います。
皆様、アイデアお待ちしております。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
"超"車社会愛知県
愛知県に住んで早半年が過ぎました。

東京で暮らしていた事と何が大きく変わったかと考えると、やはり車に乗る頻度です。

東京ではほとんどの場所に電車で行くことが出来ました。
あまり車が無くて不便だと感じることはありませんでした。

愛知県に来てそれが反転。
車が無くてはならない存在になっています。
普段の営業で打ち合わせに行く際も車。
週末遊びに行くのも車。

なんとなくですが、公道を走っている車も多い気がします。

これは私たちが関わる暮らしと大きな関係があり、
首都圏のマンションでは、マイカーではなくカーシェアを取り入れるマンションが増えています。
東海圏では、やはり駐車場の台数や平置き駐車場であることが重要視されます。

近年では、個人間カーシェアなるものも誕生しているとのことです。
使いたいときだけ使うシェアする精神が日本に浸透しつつあると感じている昨今です。

愛知県の方々を理解していくには、まずは車の重要性を知ることではないかと思いました。
ちなみに、私はマイカーを所有していますが週末のちょっとした時間しか乗る機会が無く、
個人間カーシェアを利用してみようと思っています。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
相手の立場になって考える
こんにちは。
名古屋本社営業のY.Iです。

名古屋本社に移動してきて、はや4ヶ月が経ちました。
都心の便利さや街並みもとても気に入っていますし、
なにより友達が増え、充実した日々を過ごしています。

大阪の北部で育った自分としては、性に合っているのかもしれません。
また、お昼の落ち着いた雰囲気から打って変わり、独特な雰囲気の夜の名古屋が意外と好きだったりします。

さて、先週末のことですが、
大学の友人と会う予定があり、私が帰省していたこともあって友達と京都で会うことになりました。
待ち合わせまで少し時間があったので、以前から欲しいと思っていたTシャツを買いに行こうと、
そのブランドを取り扱っているセレクトショップに行きました。
目的のTシャツを見つけ、質問しようと店員さんの方を見ると、店員さん同士2人で私語をしながら
私には見向きもしません。
こちらから声をかけるまでもないと思い、すぐにその店を出ました。

店を出てから、ワンフロア下に以前から好きだったブランドのショップが入っていたので、目的もなく入りました。
すると男性の店員さんがすぐに「京都へお越しやす」と小ボケをかましながら声をかけてきたので、
「Tシャツが欲しいのですが」と伝え、結局40分ほどそのお店に滞在してTシャツを購入しました。

ものを買う人の立場から考えると、やはりそこで買うこだわりや価格などいろいろな理由があるとは思いますが、
結局は誰から買うか、その人が自分のことを考えて売ってくれているかを私は1つの基準にしています。

今後、お客様に対して、そしてお客様のお客様を創出する営業マンとして、ひとりの愛される人間になりたいと思います。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
新天地
お世話になります。
この度、首都圏本部より名古屋本社へ異動となりました、営業Y.Iです。

名古屋という地は、訪れたこと2度3度の場所で右も左も分かりません。
異動が決まってからの2?3週間は、ネットや情報紙で色々と調べてみましたが、
実際移って来るとやっぱり右も左も分からない。

そこで、自ら情報を得るのではなく、知っている人から情報を得る方向に転換しようと思い、
お得意の草野球チーム募集ページで選手募集をしているチームを漁りました。
早速、連絡が取れたチームに来週行ってきます。
これは東京でも行ってきましたが、スポーツというたった一つのことで人は繋がれます。

広告も同じなのでは?と最近思うようになってきました。
広告も人と人をつなげる仕事であるように、
いかにその人に響くか、興味を持ってもらうかという一つの手段です。

これからも自らを実験台にしてずけずけと人の懐に入り込み、
コミュニティーを広げていきたいと思います。

| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
母国を思い出す。
お世話になります。
首都圏本部営業部のY. I です。


前回のブログでは、担当物件の地元入り込みのご紹介、特に私の野球活動についてご紹介しました。
今回は、私が居住している地域の変わったところをご紹介します。


私の居住している地域には、インド人の方が多く住まれており、街を歩くと必ず出会うほどです。
駅前にはインド料理店が並び、食べログでも高評価で有名なお店もあります。
また、私は週末河川沿いをランニングしているのですが、夜22時にも関わらず家族で散歩されている
インド人の方と5組はすれ違います。
そこで、疑問に思い色々と調べてみました。


インドの方がこの地域に住み始めたのは、2000年のIT革命以降で、都心に近いことや羽田空港
成田空港へのアクセスが良いことが要因だそうです。
インドの優秀な方が、日本にある外資系企業に勤め始めたためです。
また、インドの紅茶等を扱う貿易会社を経営されている方がこの地域に住んでおり、受け入れの
アテンドをされていたようでした。
加えて、近くを流れている大型河川がガンジス川と良く似ていて、それを見て祖国を思い出すそうです。
だから散歩されている方が多いのか!と納得しました。


実際私が担当している物件も3組の方が契約されており、今後はこのインド人コミュニティを
広げていきたいと思っています。
今度、インド人会の会長の方と会い、色々とこの地域のことを聞いてみようと思います。


日本の中でも、国籍が限定されて集まっている場所は多くあります。
そのルーツを探るとそのマーケットの捉え方も変わってくるかもしれません。


私はとにかく色々な人と会い、直接情報を仕入れて広告展開に生かしていきたいと思います。
来週は地元少年野球チームの卒部式です。
半年前に出会った教え子が卒部します。
縁も所縁もない私を、快く受け入れてくれた子供達が卒業するのは悲しいですが、出会いと
別れを繰り返して地域のことを学んでいけたらと思います。
| カテゴリ : 営業 Y.I |  |
100回記念
こんにちは。
首都圏本部のY.Iです。

連日猛暑の日々が続いておりますが、相変わらず「野球」な日々を過ごしております。

プロ野球観戦、都市対抗野球観戦、草野球など、毎週末野球三昧の日々を過ごしております。
また、今年は夏の高校野球選手権が100回記念を迎えます。
歴代最多の56校が出場します。
私の地元の大阪府も、例年1代表のみですが、今回は南北1代表ずつの2代表が出場します。
今年の夏は、非常に楽しみです。

実は、私の住んでいる場所の近くには東京都の予選大会が行われる大きな球場があります。
毎週日曜日朝のランニングコースにもなっているので、選手の姿を見ると、懐かしい気持ちになります。
その球場周辺は、一帯が総合公園になっており、週末は多くの子供連れの家族が遊んでいます。
また、水族館も近くにあり、ファミリー層にとってはとても過ごしやすい環境です。
しかも、都心までのアクセスも良く、通勤にも便利です。

このような光景を見ながら、人が住環境を選ぶ理由って何?と考えています。
生まれ育った故郷だから?子供が伸び伸び過ごせる環境だから?通勤の利便性が良いから?
買い物できる施設が近くにあるから?など、様々だと思います。

「住めば都」と言いますが、私も昨年は四国にある人口6,000人の村に住みながら仕事をしていました。
今年は、大都市東京で過ごしています。
人の多さや施設の多さ、規模は全く異なる環境ですが、まさに「住めば都」。
どちらも私にとってはとても過ごしやすい場所です。

このように、住まいのユーザーを創り出す企業として、その場に住みながら体験することで
気付くことも多くあり、これを今後の提案に活かしていきたいと思います。

ちなみに、来月から地元の少年野球チームのコーチをやる予定です。
ますます、野球三昧の日々になりそうです。
| カテゴリ : 営業 Y.I |  |